見た目はカレー、食べるとプリン!下北沢の驚きの味<ノンストップ!Pの裏話>
  • この記事を
    シェア

2018.12.22

フジテレビ「ノンストップ!」のコーナー「ノンストップ!ESSE」。プロデューサーの吾妻聖子さんが、コーナーの裏側を紹介してくれました。

今回は12月に放送された、金曜日のV6の坂本昌行さんのコーナー「OneDish」の、下北沢ロケのお話です。

下北沢で出合ったびっくりおやつ!カレーとプリンが合体

前回のロケは下北沢でした。6年もコーナーをやっていると、同じ街を何度も歩くことになります。
その度におもしろいネタを探すのはなかなか大変なのですが、下北沢はオモチャ箱のような街! どんどん新しいお店にアップデートされていくので、いつ訪れても新しいものに出合うことができます。

坂本さんもよくご存知のエリアなので、とても楽しいロケになりました。

カレープリンさて、今回のロケで私が、これを記事にしよう! と思ったのが、こちら。「Patisserie KOZU(パティスリー・コウヅ)」の「まるでカレー」です!

これ、なんだと思いますかって聞くのもおかしいくらい、見た目はカレーですよね。でも、これ、なんとプリンなんです!!

下にはなめらかであっさりとしたプリンが入っていて、その上に生クリーム。そして、バナナをアメ色になるまで炒めたソースがかかっているんです。福神漬けに見えるのはイチゴ。
つまりこれは、見た目はカレーのプリンアラモードなんです!!

カレープリンなによりこの発想に驚きました。プリンをカレーにしようなんて、普通は考えませんよね? 

このプリンが生まれたのにはわけがありました。下北沢は毎年1回、カレーフェスティバルが開催されるほどのカレー激戦区。Patisserie KOZUさんは、このカレーフェスティバルにどうしても参加したかったそうです。

そこで、洋菓子+カレー=カレープリンが誕生したという訳なんです!

カレープリンOneDishのコーナーでいろんな街を訪れると、おもしろいお菓子や食べ物に出合えることが多いのですが、これは本当にすごい! 手土産に持っていけばそれだけで、場が盛り上がりますよね。

坂本さんもこれには驚いて、最初は「これはないでしょ」と笑っていたものの、食べて「ありだね」と笑顔になっていました。
また、ここの店員さんが皆さんとっても温かくて、とにかく笑ってくれるんです。ロケの雰囲気もにぎやかで、盛り上がったのでありがたかったです。

ほかにもレモネード専門店や、ラザニアパンケーキ、ラテアートが体験できるカフェ、山椒カレーなどなど、ユニークなお店をたくさん取材させていただきました。

驚きと「おいしい!」がたくさんある下北沢。ぜひ皆さんも一度足を運んで、OneDish巡りを体験してみてください!

●教えてくれた人
【吾妻聖子さん】

フジテレビ「ノンストップ!」でESSEコーナーのプロデューサーを務め、暮らしにまつわる情報を発信。プライベートでは小学1年生の娘をもつ母でもある