<保護犬マンガ>食いしん坊ワンコが夫の顔をなめる理由
  • この記事を
    シェア

2018.12.23

イラストレーターの岩沢さんは、オットと一緒に、3年前にシェルターから引き取った保護犬のふうちゃんと暮らしています。

クールな美人顔なのに、行動は意外とおちゃめなふうちゃん。引き取ったばかりのビクビク時代を経ているからこそ、日々新しく知るふうちゃんの顔に、愛おしさもひとしおです。

今回は、不思議な就寝前のルーティンについてご紹介いただきました。

おなかすいてるの? ふうちゃんが執着するオットの「アレ」とは

マンガ前に、ふうちゃんは食い意地がはっているのでは…というお話を書きましたが、今回もふうちゃんの「おいしいもの」への執着についてのお話です。

私の手のひらのオヤツを渡されるのを待てずに、一瞬でかすめ取るふうちゃん! そのスピードは肉眼では見えないほど(うそですが…)。

また、以前からわが家の不思議のひとつだったのですが、オットが寝ようとして横になるとふうちゃんがすかさずやってきて、それはそれは丹念に、オットの顔をべろべろとなめるのですね。
オットの顔の塩分をなめに来ているのでは? というのが、今の私たちの見解です…。

ふうちゃんきりっとりりしいお顔。外ではクールなふうちゃんです。

【岩沢さん】
イラストレーター。1983年生まれ。千葉県出身、東京在住。理系の会社員『オット』と雑種犬『ふうちゃん』と暮らす。ホームページ「IWASAWA’S PORTFOLIO」での作品の発表のほか、絵本、自主制作のミニコミなども手がける