<保護犬マンガ>ワンコの「袖口かみかみ」への対抗策!
  • この記事を
    シェア

2019.01.07

飼い主をなくした犬や猫の保護活動をサポートするポチ袋が発売されたりと、保護犬や保護猫への注目がますます高まっています。

イラストレーターの岩沢さんも、もとはシェルターに引き取られた保護犬だった柴犬系の雑種犬ふうちゃんとオットの3人暮らし。

初めのうちはビクビクしていたふうちゃんも、すっかり気を許してときにはこんなイタズラをすることも。ちょっと困っちゃうけど、かわいいから、つい許してしまうんです。

ワンコの袖口かみかみの対抗策、結果は…?

まんがふうちゃんは私の服の「袖口」を、かみかみするのが大好き。ちょっと目の前でひらひらさせようものなら、ぱくっとかみついて離れません。おかげで袖口だけヨレヨレになってしまった服が何着もあります。

なかでも、とくにかみたがるパーカがあります。なにかふうちゃんなりのお気に入りポイントがあるのでしょう。

その服は部屋着にして、かみだしても放っておくことにしました。でもふうちゃん、意外とすぐ飽きてどっか行っちゃうんです。それはそれでちょっと寂しくて、もうちょっとかまってほしいのですが…(笑)。

ふうちゃんちょっと困った習慣も、このかわいさで、つい「まあいっか」となってしまうのです…。

【岩沢さん】
イラストレーター。1983年生まれ。千葉県出身、東京在住。理系の会社員『オット』と雑種犬『ふうちゃん』と暮らす。ホームページ「IWASAWA’S PORTFOLIO」での作品の発表のほか、絵本、自主制作のミニコミなども手がける