業務スーパーで買うべし!やみつきエスニックの素
  • この記事を
    シェア

2018.12.04
所要時間: 2

世界各国のマニアックな食品や調味料がそろう業務スーパー。

「今アツいのは、おうちで本格エスニックが味わえる『ミーゴレンの素』と『ミーゴレンヌードル』です」というのは、ESSEが注目する、業務スーパーに詳しい業務田スー子さん。楽しみ方を教わりました。

ミーゴレン
インドネシアの焼きそば、ミーゴレンがおうちで簡単に!

インドネシアの定番麺料理「ミーゴレン」が炒めるだけで完成!

ここ最近、エスニック料理がブームです。専門レストランはもちろん、スーパーやコンビニなどで「ガパオ」や「生春巻き」を目にしたことがある方も多いのでは。

ミーゴレンは日本ではまだあまり有名ではありませんが、インドネシア・マレーシア・シンガポールなどで、よく食べられている焼きそば料理です。

業務スーパーで手に入るミーゴレンはこれ!

ミーゴレン・ミーゴレンの素 370g 248円(+税)
・ミーゴレンヌードル 4人前 200g 148円(+税)

●ミーゴレンってどんな料理?

ミーゴレンの「ミー」は麺、「ゴレン」は揚げるという意味があり、実際は揚げるのではなく炒めた麺になります。

ミーゴレン味は甘辛く、干しエビや魚醤が使われているためややクセがありますが、一度食べたらやみつきになること間違いなし!

具材は肉や魚、野菜などなんでも合います。

ミーゴレンいつものソース焼きそばの具でもいいですし、豚肉、鶏肉、エビや貝などのシーフード、ハムやウインナー、なにを入れてもミーゴレンの素さえあればおいしくまとまります。

●ミーゴレンのつくり方

それでは実際に、業務スーパーのミーゴレンをつくってみます。

【材料】

今回用意した具材は豪華版!

ミーゴレン・モヤシ
・ニラ
・パプリカ
・コマツナ
・エビ
・豚バラ肉
・ミーゴレンの素
・ミーゴレンヌードル(2束入りで、1束およそ2人前)
・卵
・ライム(あれば)

【つくり方】

調理に入る前に、下準備をします。

ミーゴレン(1)野菜は食べやすい大きさに切り、エビは背ワタを取ります。

ミーゴレン(2)麺に熱湯を注ぎ5分待ちます。

パッケージに記載された戻し時間は5分ですが、私にはやわらかすぎるので4分にしています。お好みの麺の固さになるよう、ときどき確認するといいかもしれません。

(3)時間がきたら麺を水洗いし、水気をきります。

ミーゴレン(4)さあ、あとは麺と具材を炒めるだけ!基本の素の分量は、麺2人前に対し素大さじ3なので、それを目安に増減してみてください。

ミーゴレン<仕上げのポイント>
火を消す直前にモヤシとニラを入れ、半生で食べるとシャキシャキしておいしいのでおすすめです。

ミーゴレン(5)さらに面倒でなければ「フライドエッグ」をつくり、ライムとともにトッピングすれば、おうちで本格エスニック飯の完成!!

●ミーゴレンの素で、ナシゴレンも簡単に!

ナシゴレンこちらの「ナシゴレン」もミーゴレンの素さえあれば簡単につくれます。
「ナシ」はご飯という意味で、ナシゴレンはインドネシア風焼き飯といったところ。

ナシゴレン具はハム、ネギ、ミーゴレンの素、目玉焼き。きざんだキャベツやタマネギもおすすめ!
冷蔵庫の整理を兼ね、半端な野菜を刻んで使っても。手早く調理できておいしいですよ!

この素さえあれば、だれでも簡単においしいエスニック料理が味わえます。業務スーパーで見かけたら、ぜひ試してみてくださいね。

●教えてくれた人
【業務田スー子さん】

日本中の業務スーパーを駆け巡り、商品レビューした数およそ700!「業務スーパーの商品をレポートするブログ」を運営。日々商品レビューのほか、アレンジ方や節約術、レシピなどを発信している

特集