<大盛のぞみの子育て漫画>第26回 初孫フィーバーの義理の両親を怒りの監視!
大盛のぞみ
2018.10.02
  • この記事を
    シェア

自分の黒歴史を赤裸々に描いた漫画を、インスタグラムで発表している大盛のぞみさん。2人の子どもを育てる母でもある彼女が、“ほっこり下品”な、ゆるい子育て漫画をお送りします。
今回は、ようやく赤ちゃん連れで家に戻ったのに、義両親のせいで気が休まらなかった産後すぐのお話。

初孫フィーバーの義理の両親。やることなすこと裏目で…

マタニティハイという現象と同じく、初孫フィーバーというものがある。
義理の両親が1か月のお世話を申し出てきたのも、きっとそれだったんだろう。

漫画01私を思いやってくれる気持ちが裏目裏目に出て、裏目すぎて表になるかと思いきや、やっぱり最後まで裏目だった。

私は子どもを産んだあとの「自分の子どもを守らなきゃ!」という気持ちがすごくて、まさにガルガル期。
結局ミルクひとつつくってもらうのも怖くて、常に気をはりまくっていたのである。

怒りに燃えつつ、周りを監視。
怒りに燃えつつ、つくってもらったおはぎを食べまくった。

漫画02しまいには熱も出てしまい、本当は赤ん坊の面倒を見てもらった方が絶対いいだろっていう状況だったんだけど、帰ってもらってようやく心からほっとして、でかい屁の祝砲をかました。

「CAN YOU CELEBRATE?」の気分である。

次回は産後の暗黒期とセレブとのコストコの話だよ。

【大盛のぞみ】
Instagramに@imoootjya名義で投稿した“ほっこり下品”な手描き漫画が、今いちばんポップな闇漫画として大きな反響を呼ぶ。フォロワー数は約9万7000人。岡山県に暮らす2児の母。著書に『のぞみ33歳。だだ漏れ日記』(扶桑社刊)がある

のぞみ33歳。だだ漏れ日記


8万人が爆笑!すべて実話の“恥ずかしい過去"を描いた闇漫画の書籍化!!