1. トップ
  2. トレンド

相手も自分もポジティブに!人間関係がよくなる魔法の「口グセリセット術」

2018.08.26
  • この記事を
    シェア

楽しい夏休みが終わって忙しい日常が戻ってくると、職場や家庭でイライラすることも。そんなとき、ついネガティブな言葉を口にしていませんか?

「夫や子ども、ママ友や職場の後輩など、気楽に話せる相手だと、ネガティブな口グセが出やすいもの」と話すのは、心理カウンセラーの大嶋信頼さん。

そんなネガティブな言い方を、ポジティブに変換する「口グセリセット法」を教えてもらいました。

イライラを解消!相手を成長させる「口グセリセット」

「ネガティブな口グセをポジティブな口グセに変換することで、前向きな会話になります」と大嶋さん。自分のイライラが消えるだけでなく、子どもや後輩など、相手の成長も見込めます。

●相手の行動をせかさずに早いとほめると、その気になってスピードアップ

「早くしなさい!」

「なかなか早いね」

子どもほめる 三コマ
自分のペースを強要せず、子どもに合わせてみて
子どもに「早くしなさい!」と言ってしまう人も多いでしょうが、これは親の決めたペースに従わせようとするだけで逆効果。
たとえ遅いと思っても、「なかなか早いね」と言ってみてください。子どもは親にほめられたことでやる気が出るもの。自然と行動も早くなります。

●「?」と思わせる言葉でネガティブな脳の反応を止める

「人は人だから」

「みんなと一緒で幸せだよね」

子どもが友達のオモチャを見て「僕も!」と言ってきたとき「人は人だから」と正論を言っても納得しません。
「みんなと一緒で幸せだよね」と、一瞬「?」と思わせる言葉で脳の反応を止めて落ち着かせましょう。

●相手を責めるのではなくのばす言葉で問題を解決

すごくわかっているね 2コマ約束を忘れた夫に「前にも言ったよね?」と言いたくなる気持ちはわかりますが、責めるだけで解決になりません。
「すごくよくわかっているね」と、わかったうえでできなかった体にしてあげると、夫も次回はちゃんとやろうという気になります。

●「逆に」は相手を抑える言葉。素直に提案する形にきり替えて

「逆に○○じゃない?」

「○○もありじゃない?」

「逆に○○じゃない?」と言うのは、やんわり聞こえても、じつは相手の意見を抑えて強い主張をしているのです。
「○○もありじゃない?」と、選択肢のひとつとして素直に伝えると、相手も素直に聞いてくれます。

●自分でつくった物差しで語ると、拒否感を生んでしまう

「普通は~」

「おもしろいのは~」

おもしろいのは~ 2コマ「普通は~」という口グセは、相手が普通でないと言っているようなもの。でも、その「普通」は自分でつくった身勝手な物差しなので、相手は聞く耳をもってくれません。
「おもしろいのは~」と言い換えるだけで、興味をもって真剣に聞いてくれるようになります。

●相手を否定せずに受け止めることで発展的な会話へとシフト

「そもそも~」

「あるよね!」

相手の話を聞いて「そもそもあなたはね…」など、頭に「そもそも」をつけるのは、「逆に」と同様、相手を否定するイメージ。
いったん「それもあるよね!」と丸ごと受け止めると、そこから会話が発展的に進んでいくのです。

●「こんなことする人じゃない」はフォローのつもりが逆効果

「あなたはこんなことする人じゃない」

「こんなことさせられちゃったね」

失敗した相手をフォローするつもりで言う「あなたはこんなことする人じゃない」は、じつは相手の行動の否定。
「こんなことさせられちゃったね」と、言い換えれば、相手の責任でないことをお互い認識できます。

【監修/大嶋信頼(おおしま・のぶより)さん】
心理カウンセラー、心理相談室「インサイト・カウンセリング」代表取締役。7万7000件以上の臨床経験をもち、悩みを抱える多くの人の治療を行っている。『いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット』(大和書房刊)など著書多数

<イラスト/えのきのこ 取材・文/ESSE編集部>

いちいち悩まなくなる 口ぐせリセット


「かつて私も、口ぐせに苦しめられていました」― 7万人を笑顔に変えた人気カウンセラー、激白の最新刊!