老舗の「黒いおやつ」で元気をチャージしませんか?自然な甘味に大満足
幸栄
2018.06.23
  • この記事を
    シェア

幸栄です。パン教室「toiro(トイロ)」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみをつづっていこうと思います。
<幸栄のゆらゆらと、つらつらと。日々のささやかな幸せをパンと一緒に。>

暑い日が続いて、食欲も少しダウン…。でもやっぱりおやつは食べたい!
冷たいものばかりを選んでしまいたくなりがちですが、体を冷やしてしまうので、食べすぎはNG。体力が必要な夏だからこそ、栄養価の高い、自然の甘味がおいしいおやつを選びたいところです。

先日の私のおやつは、黒い色したものを無意識に選んでいました。その2つご紹介したいと思います。

バターと一緒にパンにのせて。香川県の老舗・山清の「つぶあん缶」

つぶあん缶まずは、香川県にある老舗・山清のつぶあん缶詰。北海道産の小豆と、国産の砂糖を使って丁寧につくられたひと品です。こしあん、ゆであずきなど数種類の缶詰がありましたが、この日は大好きなつぶあんを選びました。

カンパーニュにのせて試作で焼き続けているカンパーニュにのせて、おやつがわりにいただきます。あんこと合わせるバターは、やっぱり有塩ですね!

添加物が使われていないのでとても安心ですし、それになんと言っても甘さが控えめで食べやすい! そう、私はあんこが大好きなので、一度でたっぷり食べてしまうのです…。

あんこの缶詰ってどうしても甘すぎるイメージがありましたが、これなら安心してたくさん食べられそう。カルシウムや食物繊維が豊富なのもうれしいポイントですね。

鹿児島の郷土菓子!南海堂の「おやつクロボー」

おやつクロボー続いて紹介するのは、やはり鹿児島の老舗である南海堂の「おやつクロボー」。
黒棒は、鹿児島の郷土菓子。私も小さいころ、好んでよく食べていましたが、これよりも大きくて長かった記憶が。途中で甘さに飽きてしまっていたのを思い出します。
でもこんなに小さなひとくちサイズなら、飽きちゃった…なんて思う暇もなく食べきっちゃいそうですね。

おやつクロボー国産の小麦粉と黒糖でつくられた、なつかしく、優しい味わい。牛乳、もしくは豆乳と一緒にいただくのが大好きです。
そしてなによりも、黒糖に含まれるミネラルとビタミンは体にもいい!
娘のはなとひなも「これおいしいね!」とぱくぱく。3人であっという間に食べきってしまったのは言うまでもありません(笑)。

本格的な暑さももうすぐそこ。栄養価の高いものを意識的に選んで、おいしく元気に過ごしたいですね。

【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、 2010年から卵とバターを使わないパン教室、「toiro」を始める。著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本(生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン―はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある

「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)

大好評の「ちょっとのイースト」で作る、体にやさしいパンシリーズ・第3弾!


パウンド型で焼けるおいしい食パン

パウンド型だから家庭のオーブンでもちゃんと焼ける!


あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり

基本の生地の作り方はひとつだけ、家族みんなで楽しめるパンづくりの入門書です。