無印良品のパスタソース、人気1位はトマトクリーム!食通3人が食べ比べ
  • この記事を
    シェア

2018.06.13

種類豊富な無印良品のフード。とくにパスタソースシリーズは、さっと本格的なパスタがつくれると大人気です。

今回、味にこだわる料理研究家の福田淳子さん、おうち料理研究家のみきママさん、モデルのAYUMIさんの3人が、シリーズのアイテムを食べ比べてみました。3人総合の1位と、各自のお気に入りの1品を発表します!

こだわり満載で想像以上のおいしさ!
左からAYUMIさん、みきママさん、福田淳子さん

無印良品のパスタソース、人気1位は?実際に食べ比べてみた

AYUMI(以下A) パスタソースは、全体的に魚介のだしがしっかり効いていて、想像以上に本格的。濃厚で上品なこの味はなかなか家ではできません!
福田(以下福) 味にこだわりがあるから、選ぶのも楽しいし、忙しいときや来客時に出しても、寂しい感じがしません。
みきママ(以下み) 家にある材料をたして、ちょっとしたアレンジもできるのがいいですね。

そんな3人が選んだ、いちおしのパスタソースはこちら!

【1位】素材を生かしたパスタソース 紅ずわい蟹のトマトクリーム¥290(1人前)

パスタソースシリーズベニズワイガニのうま味をぎゅっと凝縮。濃厚な味わいのトマトクリームのパスタソースが満場一致で1位に。

カニのだしが効いてます「レストランで出されるビスクのようなリッチな風味。これで290円はすばらしい!」(福)
「カニの香りが、これでもかときます」(A)
「生クリームも使ってるからこそのこっくり感。タマネギの甘味も加わり、味に奥行きがありますね」(み)

続いて、3人それぞれのお気に入りも発表です。

●素材を生かしたパスタソース 生ハムときのこのポルチーニクリーム ¥290(1人前)

ポルチーニクリームポルチーニを使ったクリームソースに、バターソテーした生ハムとキノコをプラス。
「キノコ系はほんとにいいだしが出ますね。ソースにうま味が溶け込んでます。ポルチーニの香りもたまりません!」(福)

●あえるだけのパスタソース ペペロンチーノ¥250(2人前)

ペペロンチーノ温め不要で、ゆでたパスタにあえるだけ。
「シンプルすぎて侮っていましたが、ニンニクが効いてクセになる! ゆでた野菜とあえたり、アレンジもできそう」(み)
ドライパセリとニンニクチップのトッピングつき。

●素材を生かしたパスタソース ボンゴレ¥390(1人前)

ボンゴレ白ワインで香りづけしたアサリを使用。
「さらっとしたソースだけど、アサリのだしが効いてるから満足感があり、ツルツルおいしく食べられます」(A)
トマト入りで、飽きのこない、さわやかなあと味です。

ムック『無印良品で暮らしが変わる!』(扶桑社刊)には、今回紹介したもの以外にも、炊き込みごはんシリーズやごはんにかけるシリーズなど、全6シリーズ、72点を試食した結果が掲載されています。また、家事や収納に欠かせない便利アイテムなどの情報も満載。ぜひチェックを。

●福田淳子さん
料理研究家、フードコーディネーター。カフェ勤務を経て独立。家庭で手間なく、おいしくつくれるスイーツのレシピに定評あり。『型1つで作る、バターとオイルのパイタルト』(マイナビ出版刊)など、著書多数

●みきママさん
おうち料理研究家。2男1女のママ。ブログは1日120万アクセスを誇る。『みきママのめちゃうま! 節約レシピ』(扶桑社刊)などの著書のほか、本誌連載「みきママのめちゃうま! フライパンCOOKING」も人気

●AYUMIさん
モデル。1男1女のママ。ローフードマイスター1級、スーパーフードマイスターなどの資格をもつ。ナチュラルな暮らしぶりが人気。著書に『ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん』(主婦と生活社刊)など

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

型1つで作る、バターとオイルのパイタルト


パイもタルトも型1つで作れる! バターで作る、オイルで作るレシピ


みきママのめちゃうま! 節約レシピ


みきママの節約レシピ


ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん


インスタグラムやブログで大人気! 野菜をふんだんに使ったAYUMIごはんがレシピ本になりました。