<山本浩未の宝塚乙女道 vol.51>花組公演『あかねさす紫の花』明日海りおさんの凄みのある存在感がハンパない!
  • この記事を
    シェア

2018.06.03

宝塚歌劇をこよなく愛するヘアメイクアップアーティストの山本浩未です。私、“TAKARAZUKA”を知って人生が変わりました! そんなTAKARAZUKAのすばらしさをみなさまにお伝えするべく、観劇の感想や、今後の公演への期待をつづります。すべては私の妄想、個人的な感想&意見でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
fixyama

vol.51 花組公演 万葉ロマン『あかねさす紫の花』

花組公演1976年の初演以来、たびたび再演を重ねてきた万葉ロマンの名作。律令国家形成の立役者となった中大兄皇子、大海人皇子という才気溢れる二人の兄弟が、女流歌人・額田女王を巡って繰り広げる愛憎劇。明日海(あすみ)りおら花組選抜メンバーが、A、Bの2パターンで違う役を演じる「役替わり」というシステムで、博多座にて公演が行われた。

明日海りおさんの凄みのある存在感、ハンパない!

博多座花組公演を観に、博多へ遠征した2日目。1日目は『あかねさす紫の花』のAパターンを観て、翌日はBパターンの初日。今回はただ役替わりというのではなく、内容も少し変わる、ゆえにプログラムも2タイプ販売してるという…。

うーん、悩んだけどやっぱり買っちゃうよね、2冊。舞台観たらね、絶対欲しくなる!(っても、たいして違わないんだけどね)

Bパターンは、兄の中大兄皇子を明日海りおさん、弟の大海人皇子を柚香光(ゆずか れい)さんが演じます。柚香さんの大海人はきっとピッタリ! と思ってた。が、明日海さんの中大兄、すごすぎ!

威厳のつけ方、目線の配り方、揺るぎない自信と、でも心根にある弱さ脆さもうまく演じ…いや、彼女の花組トップ男役の姿と重なるのかな。凄みのある存在感はハンパなく、明日海さんの演技力と美しさに、愛しつつ迷える柚香さんの切ない中大兄に、打ちのめされ泣いた…。

Bパターンの額田女王、弟の妻だけど、強い義兄に惹かれていっちゃうのも仕方ないよね…って思っちゃうのは、中大兄皇子が主役だからか!?

しかし、すばらしい名作です。
今までも何度か観たけど、同じ作品なのに役者の演じ方で違ってくる。もちろん観る方も変わってくる。舞台ってホントおもろしい!

天比古を演じた鳳月杏(ほうづき あん)さん、彼女はかわいい役もいいんです。演技がうまい、声がいい、ビジュアルもキレイ、センスがいい! 天比古の健気さとやりきれなさがよく出てました。

Bパターンでは、みんなから愛されるモテモテの額田女王と、乙羽映見(おとはね えみ)ちゃん演じる、天比古を支える小月、2人の気持ちになってまたまた泣いたのでした。

宝塚の『あかねさす紫の花』、名作! です!

あかねさす紫の花
博多座にマルチビジョンが。華やかです!

【山本浩未】
宝塚をこよなく愛する乙女系ヘアメイクアップアーティスト。「生活者としてのキレイ」をテーマに活躍中。シンプルでわかりやすい美容理論を元にメイクアップ、コラムの執筆など連載を持ち、健康的で美しく暮らすライフスタイルが、世代を超えた女性に支持されている。近著に「おとな美人を作る「メイクの基本」」(宝島社刊)「今治美肌タオル付き山本浩未のスチームON顔(おんがん)」(講談社刊)「きれいは力」(幻冬舎刊)、「美人メイク基本の「き」」(宝島刊)、「同窓会で二番目にキレイになるには…」(小学館刊)など著書多数

今治美肌タオル付き 洗顔料がいらない洗顔革命! 山本浩未の スチームON顔


洗顔料不要、タオル1枚、朝の3分間で湯上がり美肌に!人気ヘア&メイクの山本浩未さんが考案、実践している快感洗顔術を大公開。


おとな美人を作る「メイクの基本」


メイクの仕方がまったくわからない人でも、不器用さんでも、面倒くさがりやさんでもトライできる、生まれながらの美人に見えるナチュラルメイクのコツが満載です。


おとなメイクは白・黒・赤だけでいい


本書では、ヘアメイクアーティスト・山本浩未があなたの顔タイプに合わせたメイクを提案。 手持ちのコスメが少なくても、朝のメイクに10分しか時間がとれなくても誰でも見違えるほどキレイになる「白・黒・赤メイク」の指南書です。