<山本浩未の宝塚乙女道 vol.50>花組公演『あかねさす紫の花』古代の三角関係ラブロマンで乙女度アップ!
  • この記事を
    シェア

2018.06.02

宝塚歌劇をこよなく愛するヘアメイクアップアーティストの山本浩未です。私、“TAKARAZUKA”を知って人生が変わりました! そんなTAKARAZUKAのすばらしさをみなさまにお伝えするべく、観劇の感想や、今後の公演への期待をつづります。すべては私の妄想、個人的な感想&意見でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
fixyama

vol.50 花組公演 万葉ロマン『あかねさす紫の花』

あかねさす紫の花1976年の初演以来、たびたび再演を重ねてきた万葉ロマンの名作。律令国家形成の立役者となった中大兄皇子、大海人皇子という才気溢れるふたりの兄弟が、女流歌人・額田女王を巡って繰り広げる愛憎劇。明日海(あすみ)りおら花組選抜メンバーが、A、Bの2パターンで違う役を演じる「役替わり」というシステムで、博多座にて公演が行われた。

明日海りおさんは「弟キャラ」が似合う!

役替わり2パターンのうち、A、Bパターンとも続けて観られる日程で行ってまいりました! 
万葉ロマン『あかねさす紫の花』。
昔の人は本能的だった。欲しいものを我慢できない、上下関係が明確…。だからおもしろい!

まずは大海人皇子が主役のAパターンから。ピッタリな配役! 花組トップであり今やベテラン男役となった明日海りおさんは弟キャラが合いますから! 
明るく素直で、兄君鳳月杏(ほうづき あん)さんをとても尊敬し頼りにしているという役は、明日海さんにハマってた。若々しくとにかく美しく、声、タイミング、演技すべてがさすが!
しかも中大兄皇子もメチャいい。月組時代の作品『月雲の皇子』を彷彿とさせる…いや、あれから成長し、さらに男役としてみがきがかかった鳳月さんの中大兄皇子、威厳と色気が半端なくすばらしい。

そして、そんな麗しい兄弟と、さらに柚香光(ゆずか れい)さん演じる使用人の天比古にも愛される額田女王。演じるのは、もちろんトップ娘役 仙名彩世(せんな あやせ)さんなんだけど、ホントにうまい!
おませな子ども時代から悩める大人時代へと、とにかくモテモテの額田女王。私たち観客(女子)を「ケンカをやめて~♪」な額田にしてくれるのでありましたっ!

観たのはAパターンの千秋楽、ゆえに完璧! 感動と涙ですっかり乙女モードup↑
その後、中洲の超有名なクラブママとの出会いがあり、女みがかなきゃモードもupしたのでした。

博多・中洲の「航空スタンド リンドバーク」。藤堂和子ママの店
コースターは、博多・中洲の航空スタンドバー「リンドバーク」のもの。文中に出てくる藤堂和子ママの店

【山本浩未】
宝塚をこよなく愛する乙女系ヘアメイクアップアーティスト。「生活者としてのキレイ」をテーマに活躍中。シンプルでわかりやすい美容理論を元にメイクアップ、コラムの執筆など連載を持ち、健康的で美しく暮らすライフスタイルが、世代を超えた女性に支持されている。近著に「おとな美人を作る「メイクの基本」」(宝島社刊)「今治美肌タオル付き山本浩未のスチームON顔(おんがん)」(講談社刊)「きれいは力」(幻冬舎刊)、「美人メイク基本の「き」」(宝島刊)、「同窓会で二番目にキレイになるには…」(小学館刊)など著書多数

今治美肌タオル付き 洗顔料がいらない洗顔革命! 山本浩未の スチームON顔


洗顔料不要、タオル1枚、朝の3分間で湯上がり美肌に!人気ヘア&メイクの山本浩未さんが考案、実践している快感洗顔術を大公開。


おとな美人を作る「メイクの基本」


メイクの仕方がまったくわからない人でも、不器用さんでも、面倒くさがりやさんでもトライできる、生まれながらの美人に見えるナチュラルメイクのコツが満載です。


おとなメイクは白・黒・赤だけでいい


本書では、ヘアメイクアーティスト・山本浩未があなたの顔タイプに合わせたメイクを提案。 手持ちのコスメが少なくても、朝のメイクに10分しか時間がとれなくても誰でも見違えるほどキレイになる「白・黒・赤メイク」の指南書です。