引き出しをあけるとお花が!100円グッズでつくれる母の日のプレゼント
2018.04.30
  • この記事を
    シェア

もうすぐ母の日です。プレゼントにはお花を贈るのが定番ですが、今年は少し工夫して、「ミニフラワーボックス」をつくってみませんか?

引き出しをあけると、中にお花が入っているという、サプライズたっぷりのかわいいボックス。簡単に、しかも低価格でつくれます。
教えてくれたのは、フラワーデザイナーの梅田佳苗さんです。

サプライズたっぷりのかわいいボックス

母の日にはミニフラワーボックスを!材料は100円ショップで入手可能

母の日といえばカーネーションですが、今回のミニフラワーボックスにはお好きなものを。

【用意するもの】
・花
・引き出しのウッドボックス
・フラワーオアシス(吸水スポンジ)
・お好きなカード(今回はデザインが気に入った封筒を切って使いました)
・リボン
・ナイロン袋
・セロハンテープ
・ハサミ
・ボウル

お母さんの好きなお花をリサーチして選んでもいいですね。お母さんの好きなお花をリサーチして選んでもいいですね。

花以外の材料は100円ショップでそろいます。花以外の材料は100円ショップでそろいます。
【つくり方】

1.ボウルに水をはり、オアシスを入れます。1.ボウルに水をはり、オアシスを入れます。

空のボウルにオアシスを入れて上から水をかけるのもNGです!手で無理やり沈めないで、浮かせるように入れたら、自然とオアシスが水を吸って沈んでいくのを待ってください。空のボウルにオアシスを入れて上から水をかけるのもNGです!
2.ウッドボックスにナイロンを敷き、セロハンテープでとめます。2.ウッドボックスにナイロンを敷き、セロハンテープでとめます。
ナイロンは箱を開けたときに見えないように、低めにカット。ナイロンは箱を開けたときに見えないように、低めにカット。水が漏れないことが目的なので、気をつけながらとめてください。
3.水を吸ったオアシスをカットします。3.水を吸ったオアシスをカットします。ウッドボックスの高さ3分の1〜半分を目安にカットして、ナイロンの中にセットします。
4.花を挿します。4.花を挿します。花の高さは引き出しに当たらないよう、低めに。一度挿したらオアシスに穴があきますので慎重に挿しましょう。
挿し直す場合は、花の切り口がオアシスの中で空洞で止まっていないか気をつけて。

お花の回りをグリーンで囲い、オアシスを隠していきます。

5.最後に引き出しに入れて、リボンを巻いてでき上がり!5.最後に引き出しに入れて、リボンを巻いてでき上がり!

私も2児の母ですが、わが子からの手紙はうれしいもの。手づくりのフラワーボックスには、ぜひお手紙を添えてくださいね。

奥さんへのプレゼントとしても喜ばれます。男性の皆さんも、お子さんとDIYして、手紙と一緒に渡してみてはいかがでしょうか?

●教えてくれた人
【梅田佳苗さん】

フラワースタイリスト、草月流師範。2011年フラワーユニット・ネノウワサ(現・ねのうわさ)を立ち上げ、ギフト、イベント装飾などを手がける。2016年から「knot end flower」として、空間装飾、撮影、執筆など、幅広い分野で活動。ワークショップなどの最新情報も公式サイトで更新中