<山本浩未の宝塚乙女道 vol.49>宙組レビュー『シトラスの風』スラリとしたスタイル特待生ばかりだから、ロマンチックしててもモダン!
  • この記事を
    シェア

2018.05.05

宝塚歌劇をこよなく愛するヘアメイクアップアーティストの山本浩未です。私、“TAKARAZUKA”を知って人生が変わりました! そんなTAKARAZUKAのすばらしさをみなさまにお伝えするべく、観劇の感想や、今後の公演への期待をつづります。すべては私の妄想、個人的な感想&意見でございます。どうぞよろしくお願いいたします。
fixyama

vol.49 宙組公演 ロマンチック・レビュー『シトラスの風-Sunrise-』~Special Version for 20th Anniversary~

シトラスの風1998年の宙組誕生時に上演されたレビュー『シトラスの風』が、新トップコンビ真風涼帆(まかぜ すずほ)と星風(ほしかぜ)まどかの大劇場お披露目公演としてよみがえった。

劇中の「明日へのエナジー」が泣けるほどすてき! ってか、泣いた!

ファン歴15年目にして、じつはロマンチック・レビューで初めてすてき!と思った今回の『シトラスの風』。

宙組はスタイル特待生ともいうべきスラリと手脚の長いジェンヌさんが多い組、つまり5組のなかでいちばん現代的と言われるビジュアル。なのでロマンチックしても古臭くない、ってかモダンですてき!

初日観てからの2度目の観劇。オープニングの色鮮やかな衣装のフォーメーションがやっぱり大好き!
そしてなんと言っても、「明日へのエナジー」が圧巻! 初演の姿月あさとさんがアドバイザーとして加わったそうだけど、歌もダンスも泣けるほどすてき! ってか、泣いた!

フィナーレでは、舞台いっぱいに色鮮やかな衣装の宙組生のいちばん最後に、薄ピンクゴールドのキラキラお衣装に大羽根を背負った真風さんが(涙)。ご立派でした!!

【山本浩未】
宝塚をこよなく愛する乙女系ヘアメイクアップアーティスト。「生活者としてのキレイ」をテーマに活躍中。シンプルでわかりやすい美容理論を元にメイクアップ、コラムの執筆など連載を持ち、健康的で美しく暮らすライフスタイルが、世代を超えた女性に支持されている。近著に「おとな美人を作る「メイクの基本」」(宝島社刊)「今治美肌タオル付き山本浩未のスチームON顔(おんがん)」(講談社刊)「きれいは力」(幻冬舎刊)、「美人メイク基本の「き」」(宝島刊)、「同窓会で二番目にキレイになるには…」(小学館刊)など著書多数

今治美肌タオル付き 洗顔料がいらない洗顔革命! 山本浩未の スチームON顔


洗顔料不要、タオル1枚、朝の3分間で湯上がり美肌に!人気ヘア&メイクの山本浩未さんが考案、実践している快感洗顔術を大公開。


おとな美人を作る「メイクの基本」


メイクの仕方がまったくわからない人でも、不器用さんでも、面倒くさがりやさんでもトライできる、生まれながらの美人に見えるナチュラルメイクのコツが満載です。


おとなメイクは白・黒・赤だけでいい


本書では、ヘアメイクアーティスト・山本浩未があなたの顔タイプに合わせたメイクを提案。 手持ちのコスメが少なくても、朝のメイクに10分しか時間がとれなくても誰でも見違えるほどキレイになる「白・黒・赤メイク」の指南書です。