子どものケガに「いいね!」。人間関係にヒビが入ったSNSのエピソード
  • この記事を
    シェア

2018.04.23
インスタグラムやツイッターへの投稿が思わぬ批判を浴び、トラブルに…。これはなにも芸能人だけの問題ではなく、一般人にもよくあることです。

ESSEで読者300人に、SNSやLINEに関するアンケートを実施したところ、多数のトラブル談が寄せられました。ここでは、人間関係にまつわるトラブルについて、リアルなエピソードをご紹介します。

SNSの投稿で、人間関係にヒビが入ることも

インスタグラムには、じつはリアルな関係以上に気配りしなければならない傾向が。気疲れする人が続出中!

●SNS上ではちゃっかり主催者気取りするママ友にあぜん!

主催者気取りするママ友事前に写真NGと伝えていたにもかかわらず、私が主催したホームパーティの子どもの集合写真を、勝手にフェイスブックにアップしたママ友。そもそも当日出欠の返事もなしにそのママ友が遅れてやってきたため、あわてて子ども用のプレゼントをつくるなどバタバタさせられたのに、彼女のフェイスブックでは、いかにも自分が主催して盛り上がったように書いていて、たくさんの「いいね!」をもらっていました。(千葉県・51歳)

●子どものケガに「いいね!」。本当に悪気ないの?

フェイスブックに、子どもがケガした話をのせたとき、「いいね!」を押されたのがどうしても不快でした。SNSごときでこんなに気持ちを揺さぶられるならと思い、退会しました。(三重県・38歳)

●キモい!SNSストーカー!?本人は偶然だと言いはるけど…

私がフェイスブックに投稿したお店に、すべてこっそり行って、あとで必ず批判する友人がいます。洋服や靴も同じものを調べて購入されてしまい、いつもおそろいになってしまうんです。本人は「偶然! 趣味が一緒だね~」などと言っているけど…。(愛知県・40歳)

●フェイスブックの写真がきっかけで疎遠に

友人との食事会の写真をフェイスブックでアップしたら、ある友人が「自分だけ写りが悪い! わざとでしょ!」と激怒。もちろんそんなつもりはなかったので謝って削除したのですが、結果、疎遠に…。(兵庫県・32歳)

●楽しそうな投稿をしたらダメなの!?

楽しそうな投稿SNSになるべく楽しそうな投稿をしていると近所の奥さんに「チャラチャラして腹が立つ」と言われ…。その人のことはブロックしました。(埼玉県・43歳)

●あてつけ投稿で楽しい気分に水を差された!

東京ディズニーランドに行った際、近くのオフィシャルホテルに泊まりました。「朝食ビュッフェがおいしかった!」とフェイスブックにのせたら、友達のブログに、「わざわざホテル名を出さなくてもいいのに~」と批判めいたことを書かれて…。しかも私の名前を出さず、あてつけのような感じだったので、余計イラッ! (東京都・46歳)

●「おつきあい投稿」が面倒くさすぎる!

全然楽しくない集まりに行ったことを、主催者に気をつかって一応自分のSNSでも記事に。でも、後日削除しました。(岡山県・47歳)

●すぐにLINEグループをつくる友人に呆れます

LINE気に入らない人がいると、その人を外してLINEのグループをつくろうと言う友人。大人げなさすぎて悲しくなります。(神奈川県・48歳)

●自己満足のLINEグループ。しぶしぶ相手をしています

元会社の上司に勝手にLINEグループをつくられ、参加せざるをえなくなりましたが、満足しているのはつくった張本人だけ。旅行やランチの写真を頻繁に送ってきて、相手をするのが面倒! 友達がいないので、しぶしぶつき合ってあげています。(岐阜県・38歳)

<イラスト/えのきのこ 取材・文/ESSE編集部>