【子育て絵日記】春到来!せっせとベランダ掃除をしたけど、あっという間に…
2018.03.28
  • この記事を
    シェア

男子3人(新小学3年生、1年生、3歳)の子育て真っ盛りのマルサイです。

春ですね! 暖かくなってくると懐メロ、キャンディーズの『春一番』をついつい口ずさんでしまう昭和生まれです。おしゃれして出かけたい、新しい恋をしてみたい…、ホント春ってそういう季節ですよね。

私の場合はというと、もうすぐ春だ! となると部屋の模様替えや収納棚の整理、ベランダ掃除がしたくなります。根っからの主婦ですねぇ。

ベランダ掃除に2時間かけるも…春の嵐で元どおり

ベランダ掃除ところでわが家のベランダ、冬の間はドロドロに汚れています。目の前が畑なので、乾燥シーズンは土が風に乗ってベランダに入り込んでくるのです。
まめに水で流せばすぐキレイになりますが、真冬のベランダで水仕事なんて、1000円やると言われてもまったくやりたくありません(2000円なら考える)。

ところが春になると、無性にベランダに出たくなります。冬眠明けの亀が気持ちよさそうに春の陽射しを浴びている姿を見ると、「わかるわかる~!」って思うんですよね。芽吹きの季節、生き物にとって日光は最高の栄養! 私も亀の隣で春の陽射しを浴びたいところですが、汚れたベランダではちっとも気持ちよくなれそうもありません。

そんな流れでベランダ掃除を始めるわけですが、キレイになったベランダで楽しめるのはほんのわずかの期間。3月下旬から春の嵐&黄砂(おもにマンション前の畑の砂塵)によりあっと言う間に元の汚ベランダに。
毎年そうなるのがわかっているのに、ついつい2時間くらいかけてベランダ掃除に精を出してしまった私の脳裏には「徒労」の文字がぼんやりと。そして春の嵐が落ち着くまで再放置されるベランダ。

そんなわけでベランダライフを本格的に楽しめるのはゴールデンウィークあたりから。どこに行っても混雑している連休中は、ベランダにレジャーシートを敷いてお昼ご飯を食べたりお茶を飲んだり、田んぼや川で捕ってきた生き物を観察したりとのんびり過ごしています。

お庭のある一軒家にも憧れるけれど、マンションのベランダで感じる四季もなかなかいいものです。これで掃除の手間がなければ最高なんですけどねぇ。。。

【イラスト・文/マルサイ】
小学1年生、年中、2歳の男子3人と夫の5人家族。男の子あるあるや家族のほのぼの話を描いた絵日記をインスタグラムmaru_saiで発信。書籍に『男子が3人います。』(大和書房刊)がある

男子が3人います。

全国の男子のお母さん、今日も1日お疲れ様です!走りっぱなし!怒鳴りっぱなし!理解不能な男子のおバカな行動に、驚き怒り泣き笑い、でも男の子ってなんだかアホかわいい!