食べたあとも体が軽い!「今日をがんばる」力がわくおやつ3選
  • この記事を
    シェア

2018.03.20
所要時間: 2

幸栄です。パン教室「toiro(トイロ)」を主宰しています。初めてパンを焼いたのは、長女の出産から1か月後のこと。あの日から試行錯誤を重ね、今は卵とバターを使わないパンのレシピをつくっています。パンを焼きながら、2人の娘の母としても、楽しみや大変さをたくさん感じる日々。毎日のなかで見つける、ささやかな幸せや楽しみをつづっていこうと思います。
<幸栄のゆらゆらと、つらつらと。日々のささやかな幸せをパンと一緒に。>

最近、食べても食べても、まだ食べたい…! そんな食欲旺盛な私。ご飯はもちろん、おやつもおいしくいただいています。でもジャンクなおやつを食べると胃が疲れてしまうので、食べたあとも体が軽い、そんなおやつを選ぶようにしています。

食べたあとも体が軽い!幸栄さんの選ぶ優しいおやつ3選

この時季、小さなおやつは卒入学のちょっとしたプレゼントにもぴったり。お気に入りの、優しいおやつを紹介します。

●減農薬で育ったリンゴを使った、ちな農園の「りんごグラッセ」

りんごグラッセ長野にある、ちな農園さんのりんごグラッセ。優しい甘さとちょうどいいやわらかさがクセになります。減農薬で育ったフルーツを加工しているので、ちゃんと「リンゴの味」を感じることができて、自然な甘さでとってもおいしい! あっという間に食べ終えてしまいました。温かい紅茶との相性もよかったです。

●コロンとした姿がかわいい!omiさんの「ガナッシュチョコ」

ガナッシュチョコ八王子市のお店などで購入できる、omi さんがつくるお菓子。こちらは、ガナッシュチョコがはさまったメレンゲ菓子です。半透明のワックスペーパーに、ひとつずつ丁寧に包まれていて、なんともかわいらしいお姿。

メレンゲ菓子メレンゲ菓子は大好きで、見つけると買ってしまうお菓子のひとつなのですが、どうしても甘すぎて食べづらいものも…。omiさんのメレンゲ菓子はふんわり軽く、優しい甘さで、チョコレートとも相性がぴったり。我慢せずもう1個買えばよかったなぁ。

●トウモロコシ粉でつくる新感覚!カフェリゼッタの「レモンケーキ」

レモンケーキ先日、二子玉川へ出かけたときに購入したのは、カフェリゼッタのレモンケーキ。なんとこれは、トウモロコシの粉と米粉でつくっているケーキだそう。小麦粉を仕事にしている私は、小麦粉を使わないお菓子はどういう食感なんだろう? 仕上げるためになにを入れているんだろう? と興味津々です。

レモンケーキ気になる食感は、思ったよりも重たくなくて、ふんわりしっとり。コーングリッツかな? プチプチとした食感もあり、甘さも控えめで、パウンドケーキがあまり得意ではない私もペロッと食べてしまいました。小麦粉でつくったレモンケーキもあったので、次回はそれをいただこう! と決めています。

みなさんはどんなおやつが好きですか? 「今日はおいしいおやつがあるから」というだけで、いろんなことをがんばれる力がわいてきますよ。

【幸栄(ゆきえ)】
1979年広島県生まれ。「はな」と「ひな」2人の娘をもつ。モデルとして活躍したのち、長女の出産を機にパンづくりに出合う。ベッカライダブルハウスにて、製造補助をしながらパンについて学び、 2010年から卵とバターを使わないパン教室、toiro を始める。 著書に『「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)』(主婦と生活社刊)、『パウンド型で焼けるおいしい食パン』(家の光協会刊)、『あかちゃん、こども、おとなのパン―はじめてのパンづくり』(アノニマスタジオ刊)などがある

「ちょっとのイースト」で作る ベーグルとピザの本 (生活シリーズ)

大好評の「ちょっとのイースト」で作る、体にやさしいパンシリーズ・第3弾!


パウンド型で焼けるおいしい食パン

パウンド型だから家庭のオーブンでもちゃんと焼ける!


あかちゃん、こども、おとなのパン—はじめてのパンづくり

基本の生地の作り方はひとつだけ、家族みんなで楽しめるパンづくりの入門書です。

特集