1. トップ
  2. トレンド

解けたら柔軟な発想の持ち主!小学校低学年は48%が正解

2018.03.05

ここで問題。3人のテスト結果から、正しい答えを当ててください。皆さんは解けるでしょうか?

テスト結果【問題】イチロウくん、ジロウくん、サブロウくんの3人が、テストを受けました。テストはAかBのどちらかを選ぶもので、必ずどちらか1つが答えです。3人は、上の表のように書いたところ、それぞれ1問当たり、4問当たり、2問当たりという結果になりました。この結果から、このテストの答えをすべて当ててください。
制限時間は10分。

パズルが得意な子は算数もできる!パズルで脳を鍛えよう

上で紹介したパズルは、パズル博士・星野孝博さんの教室で、実際に小学生が解いている問題です。ぜひ頭を柔軟に、自由な発想で楽しんでみてください。

「パズル教育が算数教育の土台となる能力に培うことがわかって、多くの教育機関がこれを取り入れるようになっています」と語るのは、カリスマ家庭教師として有名な松永暢史さん。つまり、パズルが得意な小学生は、算数ができるアタマを持つというわけです。

次のページで、正解と、解答に至る考え方の道筋を詳しく解説します。

次ページ発想の転換がカギ!“答えを逆にする”と…!?
1 2

大人に役立つ!頭のいい小学生が解いているパズル




1日1問。頭の回転が速くなる。パズルを解く思考法は仕事にも暮らしにもかならず役に立ちます。

  • この記事を
    シェア