1. トップ
  2. トレンド

<パズル>小学校低学年の正解率48%!解けない人は頭が固い?

2018.02.27

いわゆる「マッチ棒パズル」です。制限時間は5分。

【問題】マッチ棒を3本動かして、正方形を3つにしましょう。

マッチ棒を3本動かして、正方形を3つにしましょう※これは間違った答えの例。正方形に関係ないマッチ棒が残っていてはNGです。

間違った答えの例

頭のいい小学生が解いている!マッチ棒パズル

近頃、有名私立中学の入試問題としてパズルが使われていることをご存じですか? どうやらパズルができる人は、算数の勉強ができるアタマの持ち主らしいのです。

パズルを日々解いて練習することで、算数のできる人のアタマを手に入れることが可能だそう。「パズルは私たちに集中と試行錯誤の体験を与えてくれます」と語るのは、カリスマ家庭教師として有名な松永暢史さん。「パズルはイチ押しの頭脳教材ともいえます」。パズルを解くことで、「え~と、あれだよあれ!」と言いたいことが言えない現象もなくなるかも!
パズル博士・星野孝博さんのパズル教室で小学生が解いているこの問題、あなたにできる?

1 2

大人に役立つ!頭のいい小学生が解いているパズル




1日1問。頭の回転が速くなる。パズルを解く思考法は仕事にも暮らしにもかならず役に立ちます。

  • この記事を
    シェア