【保護犬マンガ】ぐるぐる、ビシッ!おやつの前ではなんでもするワンコ
  • この記事を
    シェア

2018.02.21

さまざまな事情から人の手を離れて、シェルターなどの保護施設に引き取られた「保護犬」。女優やタレントなど著名人でも保護犬を家族として迎える人が増え、テレビや雑誌でも特集が組まれています。
イラストレーターの岩沢さんと会社員のオットは、およそ3年前に柴犬系の雑種犬ふうちゃんと暮らし始めました。初めは、ビクビク、おどおどしていたふうちゃんも今ではすっかりなじんでいて、おちゃめな表情をたくさん見せてくれます。

マンガ1

マンガ2

大好きなおやつに大興奮!どこまでもぐるぐる…

ふうちゃんのおやつの時間には、普段食べているドッグフードを少量あげることが多いです。
でも、ときどきスペシャルおやつとして、犬用ガムやお肉スティックをあげます。そしてごくたま~に、スペシャルスペシャルおやつとして、「お肉を巻いたガム」をあげます。

そんなときのテンションの上がり方はすごいです。おやつを持った私の手を、どこまでも追いかけてきます。その様子がおもしろくて、ついじらして遊んでしまうのでした…。

ふうちゃんおやつを前にビシッ! こんなときは気合のみなぎるふうちゃんです。

【岩沢さん】
イラストレーター。1983年生まれ。千葉県出身、東京在住。理系の会社員『オット』と雑種犬『ふうちゃん』と暮らす。ホームページ「IWASAWA’S PORTFOLIO」での作品の発表のほか、絵本、自主制作のミニコミなども手がける