ゆきち先生の「ゴロ合わせ4コマ英単語記憶術」-第7回「lay(そっと置く)」
  • この記事を
    シェア

2018.01.31

アメリカ・サンフランシスコ育ちの帰国子女(ただし0才から2才半までの赤ちゃん時代)で、スタンフォード大学付属保育園に「1年半通っていた」という、すごそうで、よく考えるとすごくない(?)経歴を持つマンガ家・ゆきち先生。4コマ漫画を使ったゴロ合わせ英単語記憶術を駆使して、大学受験にみごと成功したそう。そのゆきち先生が、覚えておくとトクする単語を4コマ英単語記憶術方式で伝授してくれます。今回は所作として美しい「~をそっと置く」という単語の覚え方を教えてくれます。

覚えておくとトクする単語「そっと置く=lay」

英単語マンガ(lay)霊とかオバケの話が苦手である。
だから友達の家に泊まりに行ったときなどに、ふとそういう話が始まると非常に困る。

いつも「恐い話は苦手だからやめて!」と言ってきたのだが、これは逆効果で、やめてもらった試しがない。

そりゃあ話す側は恐がらせたいわけだから、話す前から恐がってる人がいるというのは、鴨がネギ背負ってきた状態だよね(鴨がネギ背負ってきたっていう言葉、生まれて初めて使えました。ヤッター)。

そこで僕は知恵を絞り、恐い話をさせない名案を思いついた。

「恐い話って超つまんないからやめない?」と言うのだ。
「つまんない」というキラーワードによって【恐い話をしたい願望】を粉々に砕く計画である! 僕はなんて頭がいいのだ。

結果どうなったか?

「じゃあこれまで誰にも言ったことがない、とっっっておきの恐い話するわ。これは俺の実話なんだけど…」と、過去最強に恐い話をされてしまいました。
聞くしかないのね(涙)。

作戦失敗…。

いきなり話変わるけど、今月は誕生日でしたー☆☆☆

誕生日の写真自分の顔が印刷されたケーキ(顔の部分も全部食べられる)で祝ってもらったよ。

ゆきち先生の顔が描かれたケーキ自分の顔が目の前で8等分されて、皆がおいしそうに食べる。

な、なかなか複雑な心地だったな。

今年も最高の1年にするぞー!

lay(そっと置く)覚えてねー☆

【ゆきち先生のプロフィール】
漫画家。栄養士。雑誌『みこすり半劇場』でデビューし、日刊スポーツ新聞に『しっぽり居酒屋』連載中。生まれたときから、高校生までベジタリアンとしてオーガニックに育つ。テレビ番組『人志松本の○○な話』に出演し、すべらない話に認定された過去もある。インスタ@yukichikakiuchiに投稿中の「ゴロ合わせ4コマ英単語記憶術」がじわじわ人気