「ミラノ風ドリア」の味を家庭で再現!残ったソースは冷凍で使い回しもOK
  • この記事を
    シェア

2018.04.29
所要時間: 1
楽しいゴールデンウィークですが、毎日外食していると出費がかさみます。そこで、お店の味を格安で再現する“なんちゃってレシピ”をつくってみませんか?
今回取り上げるのは、あのお店の「ミラノ風ドリア」にそっくりなレシピ。ソースは多めにつくって冷凍しておくと、ランチのときなどに大活躍! いろいろなレシピに活用できます。

家で簡単に再現!ミラノ風ドリアのレシピ

ミラノ風ドリア2つのソースとチーズが三位一体となって、やみつきのミラノ風ドリア。

教えてくれたのは、『「まるでお店!」なほめられレシピ』という著書もある料理ブロガー・稲垣飛鳥さん。

「ホワイトソースは5分でちゃちゃっとできるし、ミートソースはたっぷり倍量でき上がるので、とっても経済的。冷蔵か冷凍で保存してパスタやオムレツにも使いまわしてます。ドリアはお店の1.5倍ぐらいの量で、食いしん坊の娘にも大好評です!」
ちなみに稲垣さんがつくったときは、1人前約110円だったとのこと。本家の半分以下の値段でつくれるというから、試してみる価値ありですよ。

【材料(4人分】

<ホワイトソース>
・バター 大さじ2
・小麦粉 大さじ2
・牛乳 2カップ
・塩、コショウ 各適量

<ミートソース(つくりやすい分量)>
・サラダ油 小さじ1
・A[ニンニク(みじん切り) 1かけ、タマネギ(みじん切り) 1/2個、合いびき肉 150g]
・B[塩 小さじ1/3、コショウ・ナツメグパウダー(あれば) 各少し]
・トマト缶(カット状) 1缶(400g入り)
・固形スープ(手で崩す) 1個
・ウスターソース 小さじ1
・温かいご飯 2合分
・ピザ用チーズ 120g

ミラノ風ドリア

【つくり方】

(1) ホワイトソースをつくる。フライパンにバターを溶かして小麦粉を炒め、牛乳を少しずつ加えてヘラでなめらかにかき混ぜ、塩、コショウで味をととのえる。ふつふつとしてきたら火からおろす。

(2) ミートソースをつくる。フライパンにサラダ油を熱し、Aを順に加えて炒め、Bをふる。ポロポロになったらトマト缶と固形スープを加え、ヘラで実をつぶしながら混ぜ、フタをして弱火で20分ほど煮る。ウスターソースを加え混ぜ、火を止める(使うのは半量。残り半量は保存容器などに入れ、冷蔵で3~4日、冷凍で1か月保存可能)。

ホワイトソース(3) グラタン皿にご飯を等分して入れ、(1)をまんべんなくかける。さらに(2)の半量を等分して中央にのせ、周囲にピザ用チーズをのせる。

(4) オーブントースター(1000W)でチーズがとろけるまで3~4分焼く。
[1人分591kcal]

●教えてくれた人
【稲垣飛鳥さん】

神奈川県在住。夫、長男、長女の4人家族。京都府生まれ。大学卒業後に大阪でタレント、フルート奏者として活動し、上京、結婚を経て、料理ブログが人気を呼ぶ。著書に『「まるでお店!」なほめられレシピ』(講談社刊)がある

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

「まるでお店!」なほめられ レシピ

大人気ブロガー、稲垣さんは、主婦目線の「お金をかけずに、簡単&おしゃれなごはんを作る」ということで定評あり!稲垣さんのママ友達や家族にほめられる料理を紹介します。

特集