1. トップ
  2. 料理・レシピ

今、あえて教える「ハンバーガーを美しく食べるテク」。大人っぽくなりたい女性は即実践すべし!!

2016.05.22
  • この記事を
    シェア

 ハンバーガーを豪快にかぶりつくのはおいしいもの。でも、上品に、大人っぽく食べなければならないシチュエーションのときもありますよね。いつもの食事より口を大きく開ける必要があるし、なんだか女性としての真価がとわれそう…。ハンバーガーを美しく食べる方法をプロに教わりました

中の具がずるっと出ないように食べる前に対策を

軽くつぶし、バンズの下を強めに持って食べる
軽くつぶし、バンズの下を強めに持って食べる
 購入時のハンバーガーはバンズがふわっとのせてある状態なので、上から優しくつぶします。これでバンズと具がなじんでくずれにくく。包み紙の角に具がたまらないように折り直したら、下の方を両手でしっかり持って食べます

●きれいな食べ方のコツ◯

 食べる前に、バンズの間にはさんだ具やソースの層をなじませるように、バンズを軽くつぶしておきましょう。バンズをつかむ手は下の方が正解です

▲やってはいけないこと×

中の具がずるっと出ないように食べる前に対策を【ハンバーガー】 バンズと中身を別々に食べたり、周りの人が不快になるほど口を大きくあけて食べるのは避けたいところ。確かに食べ物としてはカジュアルですが、最低限のマナーはまもりましょう。

【小倉朋子さん】

食の総合コンサルタント。諸外国の食事マナーや文化を伝える『食輝塾』を主宰。作法や伝統色、食育、端文化、トレンドなど多様な視点で、あらゆる「食」を提案。近著に『私が最近弱っているのは毎日「なんとなく」食べているからかもしれない』(文響社刊)、『世界一美しい食べ方のマナー』(高橋書店刊)ほか

<イラスト/伊藤美樹>

私が最近弱っているのは 毎日「なんとなく」食べているからかもしれない



まったく新しい実践的食哲学。「エサ」が「食事」においしく変われば、あなたの心は強くなる。


世界一美しい食べ方のマナー



食べ方が変われば、美人に見える。7つの基本と48の実例であなたの食べ方が劇的に変わる。