1. トップ
  2. 料理・レシピ

レンチンするだけ!思い立ったら15分でできちゃう簡単イチゴジャム

2016.03.16
  • この記事を
    シェア

 弱火でコトコト煮るというイメージのあるジャムづくりですが、火を使わずにあっという間につくれる方法を料理研究家でAll About「毎日のお助けレシピ」ガイドである大石寿子さんに伺いました。

ジャム

電子レンジでカンタン!おいしい無添加イチゴジャムのつくり方

「つぶしたイチゴに砂糖とレモンの絞り汁を加え、電子レンジで加熱するだけで、サラリとしたソースのようなジャムが完成。短時間で煮上げることでビタミンの損失が少なく、果肉のフレッシュ感を味わうことができます。つくるときは噴きこぼれやすいので、深さのある大きめの器を使い、電子レンジから離れず様子を見るのがポイントです。冷めるととろりとしてきますが、かためにしたい場合は、加熱時間を1分単位で増やしてください。好みで砂糖の量を変えて、甘さを調節しても」

 保存料が入っていないので、冷蔵保存で3~4日以内に食べきりましょう。

【材料】

●イチゴ…1パック(300g)
●砂糖…150g
●レモンの絞り汁…小さじ1

【つくり方】

イチゴを薄い塩水(分量外)で洗って水をきり、ヘタを取る。

(1)を大きめの耐熱ボウルに入れて砂糖とレモンの絞り汁を入れ、軽く混ぜる。

(2)のイチゴをスプーンでざっくりつぶし、ラップをしないで電子レンジ(600W)で5分加熱する(噴きこぼれそうになったら電子レンジを止め、しばらくおいてから再び加熱する)。

電子レンジから取り出して、アクをすくいとる。

再び電子レンジで4分ほど加熱してから取り出し、熱いうちに清潔な保存容器に入れる。

【電子レンジ使用上の注意】

電子レンジの加熱時間は600Wを基準にしています。500Wの場合は加熱時間を1.2倍に、700Wの場合は0.8倍にしてください。使用する電子レンジの機種によっても差が生じることがあります。様子を見ながら加熱してください

【監修/大石寿子】
伝統料理を基本にした新料理、新調理法を提案。書籍や広告などで活動中。

<撮影/砂原 文>

【この記事も読まれています】