<電子レンジレシピ>つくりおきできるジャーマンポテト風サラダ
ESSE編集部
2019.05.01
  • この記事を
    シェア

人が集まる機会も多い大型連休。おもてなしや持ち寄りのメニューに、ジャーマンポテト風サラダはいかがでしょうか?

皮ごと焼いたホクホクのポテトがたまらない、ビールのつまみの定番をサラダ仕立てに。電子レンジを上手に活用すれば短時間でつくれ、食べごたえもしっかり。アツアツでも冷めてもおいしい一品です。
味つけにマヨネーズを加えると、表面がコーティングされて味落ちしにくくなります。冷蔵庫で4日間は保存OK。

ジャーマンポテト風サラダ
冷めてもおいしい!つくりおきできるジャガイモサラダ

つくりおきできるジャガイモサラダ。味つけにマヨネーズを加えると味落ちしにくくなります

【材料(つくりやすい分量)】
・ジャガイモ 3個 (450g)
・オリーブオイル 小さじ2
・グリーンアスパラ 8本
・ウインナソーセージ(斜め3等分に切る) 6本
・ニンニク(粗みじん切り) 1/2かけ
・A[マヨネーズ大さじ2 塩小さじ1/3 粗びきコショウ(黒)適量 しょうゆ小さじ1]

【つくり方】
(1) ジャガイモは皮つきのまま2cm幅のくし形に切り、水にさっとさらして水気をきる。耐熱ガラスボウルに入れてふんわりとラップをし、電子レンジ(600W)で5~6分加熱する。

(2) フライパンにオリーブオイルを中火で熱し、(1)を転がしながら3分ほどこんがり焼く。アスパラとソーセージを加えて2分ほど炒め、ニンニクを加えてさっと炒め合わせる。

(3) (2)にAを順に加えて調味する。すぐに食べない分は保存容器に入れ、冷めたら冷蔵庫で保存する。食べるときに好みでレモン(分量外)を絞ってもよい。

[カロリーは全量908kcal]

<料理/堤人美 撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>