テレビで話題!レンチンするだけの弁当が簡単でおいしすぎる!人気ブロガーたっきーママが提案!
  • この記事を
    シェア

2017.03.30
所要時間: 1

 レンジでチンして混ぜるだけ!それが簡単でとってもおいしいと、情報番組「おはよう朝日です」で話題になったすごいお弁当レシピがあります。つくったのは月間200万アクセスの人気ブロガー・たっきーママさん。自身も毎日中学生の息子さんにお弁当をつくり続けるなか、いかに「手抜き」ではなく「手間抜き」できるかを考えた結果生まれたのが「レンチン弁当」だそうです!そのすごい中身とは…?

レンジでチンしてお茶漬けのもとを入れるだけの簡単弁当!

お茶漬けの素で即席豚炒め弁当 レンチンしてお茶漬けのもとを混ぜるだけでまさかのおいしさ!そしてとにかく簡単で早い! これでお弁当のメインおかずが完成です。

●お茶漬けの素で即席豚炒め弁当

[材料](2人分)

・豚こま切れ肉(食べやすい大きさに切る) 200g
・酒 小さじ1
・A[お茶漬けのもと(好みのもの) 1袋(6g)、カツオ節 1/2パック(1.5g)]

[つくり方]

耐熱容器に豚肉を入れて酒を振り、ふんわりラップをかけて電子レンジ(600W)で3分加熱する。ラップをしたまま1~2分おいて余熱で火をとおし、Aを加えてあえる。

*電子レンジ用の耐熱容器を使用してください
*ラップを外す際はとても熱いので、やけどに注意してください

 たったこれだけ。おどろくほど簡単です! でも本当においしいです!!「レンジで加熱している間に朝食の用意もできるし、余ったら容器ごと保存できるから洗い物も少ない。レンジ調理は忙しい朝の強い味方です」とたっきーママさん。

 でもレンジでお肉をチンするとかたくなるのでは? いいえ、もちろん秘策があります!加熱時間は短く、余熱で火をとおせば肉がふっくらやわらか!

余熱で火をとおせば肉がふっくらやわらか「火をとおしすぎるとかたくなりがちなお肉も、加熱時間を短めにして、ラップをかけて余熱で火をとおすとふっくらジューシーに仕上がりますよ」。この予熱はほかのお肉でも使える方法だそう。

 また、容器の中で加熱ムラがおきないよう、容器内にバランスよく肉を入れること、中央部分に熱がとおりにくい場合、中央を少し開けて入れると均等に熱がとおるようになるそうです。

 テレビでは、ほかにもやわらかジューシーなチャーシュー、サバみそ煮缶の焼きそばなど、いずれもレンジでできる簡単レシピを紹介。放映後、実際につくったという読者の方から「めっちゃ簡単でおいしい!」とコメントが相次いでいるそうです。

 写真のお弁当に添えられた副菜の「いんげんの甘辛だれ」も、加熱時間2分で完成する簡単レシピ。

 上記のレシピはもちろん、すべてレンジで、簡単で、早くそしておいしくできるお弁当レシピが261も載った書籍『たっきーママの 作りおきおかずも!副菜も! 全部レンジで朝すぐ!弁当』(扶桑社)が発売されました。

 毎日のお弁当づくりを大変だと感じている方、レンジ調理はおいしくできないかも、と思っている方に、ぜひ試してほしい、目からうろこの、簡単でおいしいレシピが満載です。この春からお弁当デビューの方にも、強い味方になること間違いなし!

【たっきーママ】
フードアナリスト、フードコーディネーターの資格を持ち、ウェブサイトでの連載や、雑誌、広告、企業のレシピ開発を手がける。近著に『たっきーママの 作りおきおかずも!副菜も! 全部レンジで朝すぐ!弁当』(扶桑社刊、1200円+税)がある。たっきーママオフィシャルブログ

<撮影/難波雄史>

たっきーママの 作りおきおかずも!副菜も! 全部レンジで朝すぐ!弁当

昨年料理レシピ本大賞in Japan 2016に入賞した大好評の「簡単作りおきと時短おかずで 朝すぐ!弁当」をさらにパワーアップしたお弁当本第2弾。今回はなんとすべてのレシピがレンジでできて、しかも作りおきもできるすごいお弁当レシピ集です。

特集