角煮よりも簡単で、やわらかジューシー!厚切りの豚バラをポン酢に漬けるだけのヘビロテおかず
2016.04.12
  • この記事を
    シェア

 料理をつくるときに「味が決まらない」「煮物を火にかけていると目を離せない」といった悩み、よく聞きますよね。

 そんな悩みを解消するのが、いつも使う調味料を合わせてつくるタレに、肉や魚を漬けるだけのおかず。味がぴったり決まるうえ、漬けておくだけで煮込んだようにしっかり味のしみた、ボリューム満点のおかずができるんです。家族が喜ぶこと間違いなしのおかず、これはもう、つくってみるほかありませんね!

手間をかけずに味のしみたおかずに
【料理の悩みを解消】

手間をかけずに味のしみたおかずに【料理の悩みを解消】「脂っこいのはどうも…」という人でも安心! 厚切りの豚バラ肉でつくっているのに、あっさり&ガッツリ食べられるのがうれしい「ゆで豚と長ネギの洋ポン酢漬け」をご紹介。じっくり長めに漬け込んだ方が、味がしみしみになりますよ~。お弁当のおかずにも活躍すること間違いなし! 残ったら冷蔵庫に入れ、3日を目安に食べきってください。

材料はたったこれだけ!

[材料](4人分/カロリー1人分377kcal)

豚バラかたまり肉…400~500g
塩…小さじ1
長ネギ…2本

〈洋ポン酢〉
レモンの絞り汁…大さじ4
しょうゆ…大さじ3
みりん…大さじ1
砂糖…大さじ1

[つくり方]

(1)豚肉は2㎝厚さに切り、切り口を上にしてラップをかけ、こぶしで表裏を20回ずつたたく。鍋に入れて塩をもみ込み、10分おく。

(2)長ネギ11/2本は4㎝長さのぶつ切り、残りは縦半分の斜め薄切りにする。

(3)(1)の豚肉を重ならないように並べ、(2)のぶつ切りにした長ネギをのせる。水3~4カップ(分量外)を注ぎ、フタをして中火にかけ、沸騰したら弱火で10分ゆでる。火を止め、そのまま15~20分おいて粗熱を取る。

(4)保存容器に洋ポン酢の材料をすべて入れ、(3)の豚肉と長ネギを、水気をきって漬け込む。(2)の薄切りの長ネギを加えてからめ、できれば2時間以上おく。

・撮影スタッフからも絶賛の声

「肉に味がしっかりしみてて、やわらかいからびっくり!激ウマ!」「豚バラなのに脂っこくない」「肉にからんだネギがたまらん」「ご飯のおかずにいいね!」など、撮影スタッフも感動。つい、また食べたくなる味なんです。

洋ポン酢は合わせダレとして活用できる

洋ポン酢は合わせダレとして活用できる ちなみに漬け込むための合わせダレ「洋ポン酢」ですが、しゃぶしゃぶや焼き肉のタレに使ったり、ドレッシングにしたりしてもOK。

「レモンの絞り汁4:しょうゆ3:みりん1:砂糖1」を合わせればあっという間にできる簡単レシピ。覚えておくと便利です。

 煮込むことなく、合わせダレに漬けるだけの簡単おかず。これから流行しそうな気がしますよね!

※このレシピはESSE2016年5月号「漬けるだけ!サラダとお総菜」に掲載されています

<料理/小田真規子(スタジオナッツ)撮影/難波雄史>

ESSE(エッセ)2016年5月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/小池栄子さん

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!

「切り方」ひとつでいつもの料理がもっとおいしくなるレシピ

料理研究家・小田真規子さんが提案する、切り方ひとつで味が決まる74レシピを掲載。