まるで手間ヒマかけたみたいな仕上がり! 電子レンジ調理5つのコツ
  • この記事を
    シェア

2016.04.06

電子レンジ、活用してますか?冷めた料理を温めたり、料理の下ごしらえにしか使っていないなら、もったいない!! 手間ヒマかけたようなボリューム満点の肉おかずが、電子レンジでチンするだけのほったらかしで、つくれちゃうんです。

まるで手間ヒマかけたみたいな仕上がりに

・おしゃれなイタリア風煮込み「豚肉のトマト煮」も

おしゃれなイタリア風煮込み「豚肉のトマト煮」・ビールにもぴったり「手羽先のゴマしょうゆ煮」も

手羽先のゴマしょうゆ煮・ボリューム満点「肉豆腐」まで!

ボリューム満点「肉豆腐」 普段、電子レンジをあまり活用していなくても大丈夫! 電子レンジ調理をおいしくする5つのポイントをご紹介します。

電子レンジ調理5つのコツ

●火のとおりやすい肉を使う
レンジ調理に向くのは、厚みの薄い肉。こま肉や薄切り肉、ひき肉、手羽などを選びましょう

●調味料をもみからめておく
あらかじめ肉に下味をつけておくと、うま味が引き出され、加熱してもかたくなりにくくなります

調味料をもみからめておく●熱が当たりにくい真ん中をあける
電子レンジの中央は熱の当たりが悪く、加熱ムラができやすいので、食材は真ん中をあけるようにして並べます

熱が当たりにくい真ん中をあける●ふんわりとラップをかける
ラップを皿の直径の2倍くらいの長さに切り、左右をあけて中央を高くしてかけ、加熱すると、少しずつ温度が上がっていき、鍋でコトコト煮たようなおいしさに仕上がります

ふんわりとラップをかける●余熱を生かす
加熱後、新しいラップでぴっちりとかけ直すと、真空状態になって熱がこもり、さらにしっかり火をとおすことができます

余熱を生かす チンするだけでできるおかずは、新生活がスタートして慌ただしい今の時季にぴったり。火を使う料理とは違い、電子レンジに入れれば、ほったらかせるので、朝のお弁当づくりやおもてなしにもおすすめです。

 さらに詳しいつくり方は、ESSE5月号「漬けるだけ!サラダとお総菜」をチェック!

<料理/小田真規子 撮影/難波雄史>

ESSE(エッセ)2016年5月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/小池栄子さん

全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中!
詳細・購入はこちらから
※バックナンバーもいつでも買って、すぐ読める!