科学的に正しいチキンソテーの焼き方!弱火でほったらかすだけで絶品に!?
2017.01.26
  • この記事を
    シェア

「人がおいしいと感じる塩分濃度は0.9%」「肉をやわらかく焼き上げるには、中心温度が65度を超えないようにする」…。最近、科学的理論を用いて料理をおいしくする手法に関心が集まっています。実際、書店には「科学」という文字をタイトルに掲げる料理本も多数。テレビ番組でも科学の理にかなった調理方法で、家庭の料理をお店の味に変えてしまうスゴワザが紹介されるまでに。プロだけでなく、一般の人もこれまで以上に、料理と科学の関係の深さに気づくようになりました。

 水島弘史シェフも、そんな調理法で今、注目を集める料理人のひとり。今回は科学的に正しい、肉を焼く火加減について水島シェフに話を伺ってみました。

ほったらかしでOKのラクうま火加減
ほったらかしでOKのラクうま火加減

調理科学のプロが教える、ほったらかしでOKのラクうま火加減とは?

 肉を焼いたり、野菜を炒めたりするとき、だれもが正しい方法と思ってきたのが「強火でうま味を閉じ込める」こと。ところが、これは大きな間違いだと水島さんは指摘します。

「強火で急激に加熱すると、素材の細胞がギュッと収縮して壊れ、うま味とともに水分が一気に出てしまいます。肉が縮んでかたくパサパサになったり、野菜炒めがべちゃべちゃになったりするのは、すべて強火のせい。

 素材のうま味を引き出して水分を保持するには、弱火~フライパンの底に火がギリギリ当たらない中弱火をキープしてゆっくり調理するのが鉄則。このワザなら、焦げつくことなく、ほったらかしで簡単においしく仕上がります」

 ちなみにこの手法、モヤシ炒めで試してみると、時間がたってもシャキシャキでいただけます。水島シェフの弱火ワザ、ぜひマスターしてみては。

科学的に正しいチキンソテーの焼き方。その火加減を解説!

 冷たいフライパンにサラダ油と素材を入れ、弱火で焼き上げればOKです。肉の皮はパリパリ、中はふっくらジューシーな仕上がりになります。

(1)フライパンにサラダ油大さじ3を入れ、鶏肉300gを入れて上からサラダ油大さじ1を回しかける。油を全体にしっかりからめることで、臭みのもとになる肉の脂を外に引き出す。ちなみに、この時点ではまだ火をつけていない

油を全体にしっかりからめることで、臭みのもとになる肉の脂を外に引き出す
火はつけない
(2)フライパンを中弱火にかける。フライパンの底に火がぎりぎり当たらない程度が目安。そのまま動かさずに焼き、泡と音が大きくなり、水分がフライパンの外にはじけてきたら弱火にする

フライパンを中弱火にかける。
弱火に!
(3)出てきた水分は臭みのもとなので、ペーパータオルできちんとふき取り、弱火のまま焼く

出てきた水分は臭みのもとなので、ペーパータオルできちんとふき取り、弱火のまま焼く
匠!火加減の必要なし!
(4)肉の表面にふつふつと水分が出てきて厚み半分強まで白くなったら、裏返す。2~3分焼き、ややピンク色でも、箸で押してみて弾力があれば火がとおったサイン。全体に塩小さじ1/2をふって火を止め、粗びきコショウ(黒)少しをふる

肉の表面にふつふつと水分が出てきて厚み半分強まで白くなったら、裏返す。
ふつふつと水分が出てきて厚み半分強まで白くなったら、裏返す
<ほかにも応用できます!>

・焼き魚も!

弱火~中弱火で調理すると、皮が焼き縮むことなく、臭みとアクはしっかり抜けてふっくら

・カレーやシチューも!

肉と野菜は煮る前に、中弱火で焼いて中まで火をとおせば、煮込み時間は5分でOK。コトコト煮込む必要も、煮くずれやパサつきもなし

<監修/水島弘史さん>