夏におすすめの絶品スイーツにも!はちみつ&シロップ漬けで、余ったバナナとイチゴを冷凍保存する方法
  • この記事を
    シェア

2016.06.11

 凍らせたフルーツは甘みもさわやかで、これからの暑い季節にぴったり。でも、正しく冷凍しないと「黒く変色してしまってがっかり…!」なんてことも。変色せずにおいしく食べられる方法を教えます。

【バナナ】はちみつに漬ければひんやりスイーツに

はちみつに漬ければひんやりスイーツに【バナナ】
保存期間2か月
●冷凍方法

 皮をむいて輪切りにしたら、全体にはちみつをまぶし酸化を防止。冷凍用保存袋に平らに入れ、空気を抜いて密閉し冷凍庫へ。

●解凍方法

 凍った状態のままでアイスバナナとして食べるとおいしい。ミキサーにかけてジュースにしたり、そのままヨーグルトにのせても。

【イチゴ】シロップ漬けでずっと鮮やかな色に

シロップ漬けでずっと鮮やかな色に【イチゴ】
保存期間6か月
●冷凍方法

 洗ってヘタを除き、縦に2等分したら、全体にガムシロップをまぶす。冷凍用保存袋に平らに入れ、空気を抜いて密閉し冷凍庫へ。

●解凍方法

 保存袋に入れたまま、冷蔵庫か流水で半解凍にしてデザートの材料に。ジュースやソースに使うなら、凍った状態のままで使える。

<監修/鈴木徹>