たった3つの素材でもボリュームしっかり、おなか満足!困ったときの簡単鍋料理レシピ
2016.12.29
  • この記事を
    シェア

 今年の冬は白菜や青菜など、いつもはお手頃価格の野菜が高いので、鍋料理をつくる食材を買うときに躊躇してしまうことがありますよね。とはいえ、食材を切って鍋に入れてしまえばあとはおまかせ!と、スピーディで便利、なおかつ一品で完結する鍋料理を、冬のおかずレパートリーから外すなんて考えられません!

 そこで、素材の数が少なくても満足でき、さらにモヤシなどのお手頃野菜を使った絶品鍋のレシピを料理研究家の藤井恵さんに教えてもらいました。ほかにももっとたくさんのレシピが、今、発売中の別冊ESSE『冬のおかず帖』に掲載されています。そちらも参考にしてくださいね~!!

冬のおかず帖

少ない素材でもボリューム満点!鶏肉とモヤシの香味鍋

少ない素材でもボリューム満点!鶏肉とモヤシの香味鍋 メインの素材は鶏モモ肉、モヤシ、長ネギの3素材だけ!鶏肉をこんがりと焼いておくことで、煮る時間が短縮できるうえ、香ばしい風味づけにもなります。場合によってはモヤシを増量してさらにボリュームアップしても。ニンニク&ショウガが入って、体の芯から温まります。

材料(4人分)

・鶏モモ肉(ひと口大に切る) 2枚
・モヤシ 1袋
・長ネギ(斜め切り) 2本
・サラダ油 小さじ1
・A[だし汁4カップ 酒大さじ3 しょうゆ大さじ1 塩小さじ1]
・ニンニク(薄切り)、ショウガ(千切り) 各1かけ

つくり方

(1) 鍋にサラダ油を中火で熱し、鶏肉を皮目を下にして並べ入れ、こんがりと焼き色をつける。

(2) (1)にAを加えて煮立たせる。アクを除き、モヤシ、ニンニク、ショウガをのせ、最後に長ネギも加えて中火で煮る。

263kcal※カロリーは1人分

※土鍋を使用する際は、フライパンで先に鶏肉を炒めておいてから、土鍋に移して料理してください。

 あつあつの鍋を囲んで、暖かく冬をお過ごしください。

●教えてくれた人
【料理研究家/藤井恵さん】

毎日のご飯づくりがラクになるような111レシピを掲載した、別冊ESSE『冬のおかず帖』(扶桑社刊)でも、フライパンひとつでできる「コクうま煮物」のレシピを披露。

<料理/藤井 恵 撮影/野口健志>

冬のおかず帖

冬のおかず帖 (別冊エッセ)