ご飯に麺類、食パン。主食をおいしく冷凍保存するシンプルな方法。解凍方法も!
2016.05.22
  • この記事を
    シェア

「パンを冷凍すると冷凍庫特有のにおいがつく」「多めにゆでてしまった麺が残ってもったいない」「一人暮らしのご飯は冷凍保存して便利に使いたい」…。主食にまつわるちょっとした悩み、ありますよね。毎日食べるものなので、おいしいまま冷凍保存したいもの。プロの技をお教えしましょう!

【ご飯】アツアツを冷凍して炊きたての味を再現

アツアツを冷凍して炊きたての味を再現【ご飯】
保存期間3週間
●冷凍方法

 アツアツのご飯を使うのがポイント。1食ずつラップで包み、冷凍用保存袋へ。または保存容器いっぱいに入れ、粗熱を取って冷凍

●解凍方法

 ラップに包んだまま、または保存容器のまま、電子レンジで温めて解凍。箸などで全体をほぐすとふっくらと炊きたて感がよみがえる

【そば・うどん】ゆでて冷凍するとコシがアップ

ゆでて冷凍するとコシがアップ【そば・うどん】
保存期間2か月
●冷凍方法

 市販のゆでうどんやゆでそばは、袋のまま冷凍用保存袋へ。ゆでたうどんやそばは、冷めたら1食ずつラップに包んでから保存袋へ

●解凍方法

 ゆで麺は凍った状態のまま熱湯に入れるだけで解凍&調理ができる。手早い調理が可能で便利。ゆでパスタも同様に冷凍・解凍できる

【食パン】常温で保存するよりおいしさ長もち

常温で保存するよりおいしさ長もち【食パン】
保存期間2か月
●冷凍方法

 パンは新鮮なうちに冷凍するのが大切。スライスしたものを1枚ずつ、においがつかないようアルミ箔でぴったりと包んで冷凍庫へ

●解凍方法

 凍った状態のまま、アルミ箔ごとオーブントースターで焼いて解凍。5~10分でふっくら焼きたてのおいしさが再現できる

【おまけ編:ギョーザの皮】使いきれない分は食感そのまま長期保存

【おまけ編:ギョーザの皮】使いきれない分は食感そのまま長期保存
保存期間2か月
 時間をかけて解凍すると老化してボソボソするので、急速解凍した方がおいしく解凍できます。皮がくっつくこともありません

●冷凍方法

 数枚ずつ分けてラップに包み、冷凍用保存袋に入れて冷凍。薄くて乾燥しやすいので、重ねた表面に小麦粉をまぶしておくとよい

●解凍方法

 冷蔵庫で長時間解凍するとボソボソになるので、室温で戻すか、保存袋の上からお湯をかけ急速解凍した方がおいしさを保てる

<監修/鈴木徹>