ダマにならないあんかけのつくり方!ふんわりなめらかに仕上がるコツ
2016.11.10
  • この記事を
    シェア

 おなじみ和食の「ここが難しい!」「失敗なくつくるには?」という読者からの悩みや疑問を人気の和食料理人・笠原将弘さんがズバリ解決!おいしさの決め手となるポイントを押さえて、和食上手になりましょう

ふんわりなめらかなあんかけのつくり方とは?

質問:あんかけがどうしてもダマになってしまいます。ふんわりなめらかにつくるには?

ふんわりなめらかなあんかけの作り方笠原さんからのアドバイス:ダマになるのは、水溶き片栗粉が混ざりきらないうちに火がとおってしまうことが原因です。いったん火を止めてから少しずつ加え、完全に混ざった状態で再度火にかけると、失敗がありません。片栗粉と水をよく混ぜておくことも忘れずに!

【笠原将弘さん】
東京・恵比寿にある日本料理店「賛否両論」店主。独創的な感性と卓越した料理センスから、和食界で注目されている。雑誌やテレビ、料理教室など幅広い分野で活躍中。簡潔でわかりやすいレシピも人気

<撮影/竹内章雄>