アメリカ発!リンゴをキャラメルディップで召し上がれ!レンジで1分のつくり方
Noriko
2017.01.21
  • この記事を
    シェア

 アメリカ・シアトルに住んで十数年。子育てに奮闘するライターのNorikoさんに、現地で話題のフードやライフスタイルを紹介してもらいます。今回はパーティでウケそうなスイーツを紹介します!

シアトル周辺はリンゴの産地として有名

シアトル周辺はリンゴの産地として有名 シアトルのあるワシントン州はリンゴが名産。生産量はアメリカ全体の半分以上を占めており、ワシントン州だけで日本の4倍以上の規模を誇ります。品種はさまざまありますが、州内で多くつくられているのは「レッドデリシャス」と「ガーラ」、そして日本が誇る「ふじ」!秋になると、スーパーマーケットや農家直売のファーマーズマーケットで収穫したてのリンゴが山のように売られているので、いろいろと買ってきては食べ比べをしています。

キャラメルとリンゴのコラボに、子どもだけでなく大人もハマる

 カットしただけのリンゴも、もちろんおいしいですが、アメリカで人気の食べ方は、キャラメルソースにディップするというもの。レストランやファストフード店でも、キッズ・メニューを注文するとカットされたリンゴとキャラメルソースがセットになった、この「キャラメル・アップル・ディップ」がデザートとして登場することがあります。さっぱりした生のリンゴとキャラメルの甘さが絶妙のマッチング!手軽なので、家庭でもホームパーティーなど人の集まるときの゛もう1品“として重宝されています。

キャラメルソースは家庭でも簡単につくれる!

キャラメルソースは家庭でも簡単につくれる! キャラメルソースはアメリカだとアップル・ディップ用の市販品がたくさんありますが、日本だとなかなか手に入りにくいかもしれません。でも、キャラメルのキャンディーなら日本でも一般的ですよね?まとめて耐熱容器に入れて、1分くらいずつ、様子を見ながら電子レンジで温めてみてください。全体的に溶けたら完成!

 パーティなら、砕いたナッツや粒チョコレートなど、トッピングを用意するのもオススメ。小さめのリンゴをリンゴあめのように串に刺して、丸ごとキャラメルソースにディップすれば、日本でも最近流行りつつある「キャラメル・アップル」になります。ぜひお試しください!

【Noriko】
アメリカ・シアトル在住。現地の日系タウン誌編集長職を経てフリーランス・エディター/ライターとなり、日米のメディアに旅行情報からライフスタイル、子育て事情まで多数の記事を寄稿する。著書に『アメリカ西海岸ママ~日本とは少し違うかもしれない、はじめての妊娠&出産~』(海外書き人クラブ刊)