いまさら聞けない、基本のみそ汁だしの取り方
2016.04.13
  • この記事を
    シェア

 みそ汁バーが開店するなど、近頃、話題のみそ汁。いつも同じ具材、同じ味になっていませんか?具だくさんで話題のみそ汁専門店に、とっておきのバリエーションとおいしくつくるワザを特別に教えてもらいました。今日からおうちみそ汁が、変わりますよ!

みんな大好き!基本のみそ汁をつくってみよう!!

 普段、なにげなくつくっているみそ汁も、だしのとり方や具材の投入タイミングなどを変えるだけでグンとおいしくなるのです。

美噌元 横井愛子さん
【横井愛子さん(美噌元)】冷蔵庫で2日間程度保存できます。みそ汁以外にも使える万能だしの完成です
[だしのとり方]

昆布、煮干し、カツオ節、それぞれ単品でだしをとってもいいですが、みそ汁には濃いめのだしが合うので今回は、3品の万能だしを紹介します。大きい煮干しは頭とワタを除きましょう

[材料](つくりやすい分量)

水:4、5カップ
昆布:10㎝角1枚
煮干し(小)、カツオ節:各ひとつかみ

(1)昆布と煮干しを分量の水に浸す。できればひと晩、時間がないときは30分~1時間でOK

(1)昆布と煮干しを分量の水に浸す。(2)(1)を弱火にかけて、ふつふつと泡が出てきたら昆布を取り出す

(2)(1)を弱火にかけて、ふつふつと泡が出てきたら昆布を取り出す(3)そのまま火にかけ、白っぽい泡のようなアクを取り除きながら10分ほど煮る

(3)そのまま火にかけ、白っぽい泡のようなアクを取り除きながら10分ほど煮る(4)強火にして沸騰したら、カツオ節を加え、再沸騰したらすぐに火を止める

(4)強火にして沸騰したら、カツオ節を加え、再沸騰したらすぐに火を止める(5)カツオ節が鍋の底に沈むまでしばらくおいたら、ザルにペーパータオルを敷いてこす

(5)カツオ節が鍋の底に沈むまでしばらくおいたら、ザルにペーパータオルを敷いてこす【監修/味噌元
美噌元の新しいショップが2016年4月21日、東急フードショー二子玉川店にオープン