1. トップ
  2. 料理・レシピ

炊飯器でつくる牛ゴボウの炊き込みごはん。材料のうま味がしみしみ

2021.09.21

いろいろな食材を入れてあとは炊飯器におまかせの炊き込みごはん。いまの季節なら、キノコやサツマイモなどの秋の味覚も炊き込みごはんにぴったりですよね。今回は、共働き料理家のぐっち夫婦に、炊き込みごはんのレシピを教えてもらいました。

炊き込みご飯に手をそえる
ご飯ものがおいしい季節。秋を先取りの牛ゴボウの炊き込みごはん

おかわりが止まらない!牛ゴボウの炊き込みごはん

寒くなってくると食べたくなる料理のひとつが「炊き込みごはん」。食材から出るうまみが染み込んだホカホカのごはんは、それだけでもごちそうですよね。

今回は、おかずとしてもおいしい「牛ゴボウ」を炊き込みごはんにしました。味の決め手はオイスターソース! 牛肉に味つけしてゴボウと一緒に炊き込めば、コクのあるうま味たっぷりのごはんができあがります。冷めてもおいしいので、お弁当にも◎!

●牛ゴボウの炊き込みごはん

材料

【材料(2合分)

・米 2合
・牛こま切れ肉 200g
・ゴボウ 1本(100g)
・ショウガ 1片
・塩・コショウ 各少々
・A[しょうゆ大さじ2 オイスターソース大さじ1 みりん大さじ1/2 酒大さじ1]

【つくり方】

袋にお肉

(1) 米を洗う。Aの調味料をポリ袋に入れておく。牛肉は塩・コショウを振り同じポリ袋へ。そのままもみこむ。

ゴボウ

(2) ゴボウは縦半分に切り、斜め薄切りにし、水にさらす。ショウガは皮を剥き、千切りにする。

炊飯器にお肉など

(3) 炊飯器に米を入れ、水を1.8合の目盛りまで加える。(1)の味つけした牛肉と(2)のゴボウを入れて炊飯する。

炊きあがり炊飯器

(4) 炊きあがったらショウガを入れて混ぜ、塩少々(分量外)で味を調える。

炊きこみごはん完成です!

◆ぐっち夫婦の炊飯器を使ったレシピはほかにも◆

炊飯器でつくれるカオマンガイ。ボタンを押すだけで簡単おいしい!

ジメジメとしたこの時季は食欲も落ちがち。そんなときはハーブやスパイスの効いたアジア料理はいかがですか? 東南アジアで人気のカオマンガイ(チキンライス)を炊飯器で簡単につくるレシピを、共働き夫婦料理家のぐっち夫婦に教えてもらいました。 炊飯器で手軽においしい!食べ応え抜群のカオマンガイのレシピ ぐっち...続きを読む


スイッチを入れるだけ!丸ごとトマトの洋風炊き込みご飯

トマトの旬がやってきました! おいしくて栄養たっぷりのトマトは食卓で大活躍ですが、炊きこみご飯にして主食でがっつり味わってみませんか。簡単炊飯器レシピを共働き料理家のぐっち夫婦に教えてもらいました。 炊飯器に具材を入れてスイッチON!トマトの洋風炊き込みご飯レシピ 和風のイメージが強い炊き込みご飯で...続きを読む

50代からの毎日を応援する記事多数!
「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

Tatsuya、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucci_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」、YouTubeで日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。著書に『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん』(扶桑社刊)、『ぐっち夫婦のお弁当大作戦(お悩み解決! 毎日作り続けられる)』(家の光協会)、新刊『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』(KADOKAWA刊)などがある

ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん

人気急上昇の料理家ユニット、ぐっち夫婦も実践する「下味冷凍」。共働きの二人が、忙しい人のために考案したレシピです。

購入
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア