1. トップ
  2. 料理・レシピ

チキンソテーをさわやかレモンバターで。皮はパリッ、中はジューシーに

2021.08.31

たまには力をつけるためにお肉をがっつり食べたくなりますよね。家庭で手軽にできるのが、鶏肉のジューシーさがシンプルに味わえる「チキンソテー」。かけるソースで和洋中とアレンジできるのも魅力です。ここでは、共働き料理家のぐっち夫婦に、チキンソテーのレシピを教えてもらいました。

チキンソテー
シンプルがいちばん! チキンソテー

レモンでさっぱり!チキンソテーレモンバターソース

パリッとした皮にじゅわっとジューシーな身がおいしいチキンソテー。鶏肉を焼くだけですが、ごちそう感のあるメニューですよね。

今回は、さわやかなレモンバターソース味で仕上げました。皮をパリッと焼くコツは、木べらなどで押しつけながらじっくり焼くこと。つけ合わせには、レンジでできる簡単マッシュポテトを添えました。こちらも併せてぜひ試してみてくださいね!

●さわやか!チキンソテーレモンバターソース

材料

【材料(2人分)

・鶏モモ肉 2枚(約600g)
・レモン 1個
・バター 20g
・塩 小さじ1/3
・コショウ 少々
・油 小さじ1

・A[酒大さじ1 塩・コショウ各少々]

○添え野菜
・ジャガイモ 2個
・牛乳 大さじ2
・バター 10g
・塩・コショウ 各少々
・パセリ 2~3本

【つくり方】

お肉をフォークでさす

(1) 鶏モモ肉は、余分な皮、筋を落として、厚い部分は均等にし、フォークで数か所穴をあける。Aを振る。レモンは半分に切り、2枚を薄切りにする。

マッシュしたジャガイモ

(2) ジャガイモは皮を剥き一口大に切る。耐熱ボウルに入れ、水大さじ2(分量外)を入れた後、ラップをし電子レンジ(600W)で10分加熱し、やわらかくする。牛乳、バター、塩・コショウを加え、つぶしながら混ぜる。

フライパンにお肉

(3) フライパンに油を中火で熱し、鶏肉の皮目を下にして入れる。木べらなどで押しつけながら中火で10分ほど焼く。

フライパンにチキン

(4) 焼き色がついたら、裏返して焼く。両面焼き色がついたら皿に取り出す。

盛りつけたチキンソテー

(5) (4)のフライパンをさっと拭き、バターを入れ、レモン(薄切りにしたもの以外)を絞り入れる。味を調え、鶏肉にかける。(2)と薄切りにしたレモン、パセリを添える。

チキンを切る様子ジューシーでとてもおいしいですよ♪

◆ぐっち夫婦のチキンレシピをほかにもチェック◆

ヘルシーすぎるピザ風チキンのレシピ。生地の代わりは鶏胸肉!

お手頃価格でヘルシーな鶏胸肉は人気の食材です。レシピのバリエーションをもっと知りたいという方も多いはず。今回は共働き料理家のぐっち夫婦に、鶏胸肉をピザ風にアレンジしたおかずレシピを教えてもらいました。 人気食材・鶏胸肉レシピ。おつまみにもぴったりのピザ風チキン 子どもも大人も大好きなパーティーレシピ...続きを読む

炊飯器でつくれるカオマンガイ。ボタンを押すだけで簡単おいしい!

ジメジメとしたこの時季は食欲も落ちがち。そんなときはハーブやスパイスの効いたアジア料理はいかがですか? 東南アジアで人気のカオマンガイ(チキンライス)を炊飯器で簡単につくるレシピを、共働き夫婦料理家のぐっち夫婦に教えてもらいました。 炊飯器で手軽においしい!食べ応え抜群のカオマンガイのレシピ ぐっち...続きを読む

50代からの毎日を応援する記事多数!
「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

Tatsuya、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucci_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」、YouTubeで日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。著書に『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん』(扶桑社刊)、『ぐっち夫婦のお弁当大作戦(お悩み解決! 毎日作り続けられる)』(家の光協会)、新刊『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』(KADOKAWA刊)などがある

ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん

人気急上昇の料理家ユニット、ぐっち夫婦も実践する「下味冷凍」。共働きの二人が、忙しい人のために考案したレシピです。

購入
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア