1. トップ
  2. 料理・レシピ

夏野菜たっぷり冷やしおでん。炊飯器におまかせで大根もジューシー

2021.08.24

暑さのピークは過ぎましたが、まだまだ残暑が続く日々。夏バテを引きずってはいませんか? 今回は、共働き料理家のぐっち夫婦に、食欲がない日でも食べやすい冷やしおでんのレシピを教えてもらいました。

おでん
暑い日にうれしい冷やしおでん

暑い夏にぴったり!炊飯器でつくる冷やしおでん

冬の鍋料理として人気のおでんですが、最近は夏に食べる「冷やしおでん」の人気も定着してきましたよね。今回は炊飯器でつくる冷やしおでんをご紹介します! 食材の下処理をしたら炊飯器におまかせなので、ほったらかしで簡単。

具材は定番の大根や卵に加え、夏らしいオクラやトウモロコシ、ミニトマトをチョイスしました。オクラとトウモロコシはゆですぎや変色防止のため、レンチンして後から加えます。炊飯器でつくっても大根はしっかりやわらか! つくるのも食べるのも暑さ知らずの、夏にうれしいレシピです。

●炊飯器でつくる冷やしおでん

大根、トウモロコシなど

【材料(2人分)

・大根 1/4本(6cm)
・ちくわ 2本
・ゆで卵 2個
・ミニトマト 6個
・オクラ 4本
・トウモロコシ 1本

■おでんのつゆ
・白だし 100ml
・しょうゆ 大さじ2
・みりん 大さじ1
・水 700ml

【つくり方】

カットした大根など

(1) 大根は1.5cm幅の輪切りにし、皮を剥く。ミニトマトはヘタを取る。ちくわは斜め2等分に切る。ゆで卵は殻をむいておく。

ラップに包まれたトウモロコシとオクラ

(2) オクラはガクを取り、ラップで包み電子レンジ(600W)で1分加熱する。とうもろこしは皮を剥いて3cm幅に切り、ラップで包み電子レンジ(600W)で2分30秒加熱する。

炊飯器に卵ちくわ大根

(3) 炊飯器に、大根、ちくわ、ゆで卵、「おでんのつゆ」を入れて炊飯ボタンを押す。

おでんのトウモロコシを箸で持つ様子

(4) (3)を耐熱ボウル(または耐熱のジッパーつき保存袋など)に移し、オクラ、トウモロコシ、ミニトマトを入れて粗熱が取れたら冷蔵庫で冷やす。

おでん盛りつけよく冷えたら食べごろですよ♪

◆ぐっち夫婦の夏レシピをほかにもチェック◆

夏の簡単冷ややっこアレンジ3つ。キュウリ塩昆布やエスニック風

全国的に暑い日が続く今年の夏。そんなときに食卓にあるとうれしいのが冷ややっこですよね。今回は、共働き料理家のぐっち夫婦に、冷ややっこのおすすめアレンジレシピを3つ教えてもらいました。 アレンジ自在!おすすめ冷ややっこレシピ3選 あと一品にもおつまみにもなる、夏の定番「冷ややっこ」。おすすめの冷ややっ...続きを読む

ズッキーニは生がおいしい。即完成するツナを使った中華あえ

調理法によって食感が変わる夏野菜「ズッキーニ」。みずみずしく、味にクセがないのでいろいろな食材や味つけで楽しめますよね。今回は、共働き料理家のぐっち夫婦に、すぐできるズッキーニレシピを教えてもらいました。 火いらずですぐできる!ズッキーニとツナのゴマ中華あえ 今回は、ズッキーニとツナを使ってあえるだ...続きを読む

50代からの毎日を応援する記事多数!
「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

Tatsuya、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucci_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」、YouTubeで日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。著書に『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん』(扶桑社刊)、『ぐっち夫婦のお弁当大作戦(お悩み解決! 毎日作り続けられる)』(家の光協会)、新刊『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』(KADOKAWA刊)などがある

ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん

人気急上昇の料理家ユニット、ぐっち夫婦も実践する「下味冷凍」。共働きの二人が、忙しい人のために考案したレシピです。

購入
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア