1. トップ
  2. 料理・レシピ

サバ缶と豆腐の煮物がメインの献立。たったの3ステップで15分で完成!

ESSE編集部
2021.09.13

毎日大変なご飯づくり。早ワザを覚えておくと、ゆとりができます。
キッチン滞在時間を最小限に! 3ステップでつくれる2品の献立をご紹介してくれるのは料理家の小林まさみさん。ぜひ忙しい日の味方にしてみてくださいね!

サバと豆腐の煮物
うま味しみしみ豆腐でご飯がすすむ! 焼き野菜を添えて栄養をフォローアップ

15分で完成!3ステップで2品つくれるスピード献立

ラクしておいしいがかなうサバ缶をつかった献立を紹介します。

●【主菜】サバ缶と豆腐の煮物

【材料(4人分)

・サバ缶(水煮) 2缶(190g×2)
・豆腐(絹ごし) 2丁
・A[水3/4カップ みりん、酒各大さじ2 しょうゆ大さじ1 塩小さじ1/3 ニンニク(チューブ)少し]
・ニラ 2束
・ゴマ油 小さじ2

【つくり方】

(1) 具材を入れる

お鍋にお豆腐フライパンにサバを缶汁ごと入れる。Aを加えて混ぜ、豆腐は手で大きめのひと口大に割って入れる。

(2) 落しぶたをして煮る

お鍋に落とし蓋クッキングシートをかぶせて強火にかけ、煮立ったら中火で5分ほど煮る。

(3) ニラを加える

お鍋にニラニラを1束ずつ葉先からねじってちぎり、広げのせる。フタをして1~2分煮、ゴマ油を回し入れる。

[1人分284kcal]

●【副菜】焼きカボチャとピーマンの酢じょうゆ

【材料(4人分)】

・カボチャ(スライスカットタイプ) 300g
・ピーマン 8個
・A[酢、しょうゆ、砂糖、水各大さじ1・1/2]
・サラダ油 1/3カップ

【下準備】

ピーマンは軽く握りつぶす。Aはバットに合わせておく。

【つくり方】

フライパンにサラダ油を強めの中火で熱し、カボチャ、ピーマンを並べ入れる。両面を6~7分こんがり焼き、焼けたものからバットに移し、Aをからめる。

[1人分193kcal]

<撮影/難波雄史 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【小林まさみさん】

料理研究家。身近な食材で、だれでもおいしくつくれる家庭料理が人気。オンライン料理教室(masami‐kobayashi.com)が好評。著書に『切りおき』(小学館刊)など。

  • この記事を
    シェア