1. トップ
  2. 料理・レシピ

定番の「ピーマンの肉づめ」。失敗しないつめ方、焼き方のコツ

2021.07.20

夏野菜の定番のひとつ「ピーマン」。子どもの苦手な野菜にも挙げられるピーマンですが、肉づめにすると食べられるというお子さんも多いのでは? 今回は、共働き料理家のぐっち夫婦にピーマン料理の定番「肉づめ」を教えてもらいました。

ピーマンの肉づめ
定番! ピーマンの肉づめ

少しのコツで失敗しない!「ピーマンの肉づめ」

今回は、夏が旬のピーマンを使った、定番の肉づめをご紹介。お弁当の一品にもぴったりですよね。こねたひき肉をピーマンにつめて焼くだけですが、肉ダネがはがれて失敗した…という経験をしたことはありませんか?

きれいに仕上げるコツは、ピーマンの内側に薄力粉を振り、肉の面から焼くこと! 肉ダネがはがれづらくなりますよ。また、肉ダネはこんもりとピーマンにのせることで、焼いたときにお肉が縮んでもきれいにつまった状態に仕上がります。なかなかうまく焼けないという方は参考にしてみてくださいね。

●ピーマンの肉づめ

ひき肉やピーマンなど

【材料(2人分)

・ピーマン 4個
・豚ひき肉 300g
・タマネギ 1/4個(50gほど)
・卵 1個
・塩 小さじ1/2
・コショウ 少々
・薄力粉 大さじ1
・ナツメグ(あれば) 少々
・油 適量
・A[トマトケチャップ、中濃ソース大さじ2、酒大さじ1、粒マスタード小さじ1]

【つくり方】

種と白い筋を切り落としたピーマン

(1) タマネギはみじん切りにする。ピーマンは縦半分に切り、種と白い筋を切り落とす。

ボウルにひき肉、卵、塩、コショウ、ナツメグを加えてこねる

(2) ボウルにひき肉、卵、塩、コショウ、ナツメグを加えてこねる。ねばりが出るまで混ぜたら、薄力粉、タマネギを入れ混ぜる。

ピーマンに肉をつめる

(3) ピーマンの内側に薄力粉(分量外)を振る。(2)を8等分して、こんもりとつめる。

フライパンにピーマンの肉づめ

(4) フライパンに油をひいて中火で熱し、(3)の肉の面を下にして入れ、焼き色がついたら返す。フタをし、弱火で焼いて中まで火を通して皿に盛る。

フライパンにソース

(5) 同じフライパンに【A】を入れて煮つめ、とろみがついたら(4)にかける。

お皿にピーマンの肉づめ完成です♪

◆ぐっち夫婦のそのほかのピーマンレシピはほかにも!◆

ピーマンのとびきりおいしい食べ方。トースターで簡単、焼きびたし

暖かくなり、夏野菜もおいしくなってくる時季。旬の野菜をたっぷり取り入れたいですよね。今回は共働き料理家のぐっち夫婦に、つくりおきにもぴったりな、基本のピーマンの焼きびたしを教えてもらいました。 夏の常備菜に!ピーマンの甘味引き立つ「焼きびたし」 今回は、トースターでピーマンを焼いて、焼きびたしをつく...続きを読む

鶏ササミとピーマンのゴマポンあえ。レンジだけで簡単な夏の副菜

気温が高い日が続き、キッチンに立つのがつらい季節が近づいてきましたね。今回は、共働き料理家のぐっち夫婦に火を使わない、ピーマンとササミの簡単副菜を教えてもらいました。 レンジで簡単!たたきササミとピーマンのゴマポンあえ 今回は、夏野菜ピーマンでつくる、火を使わない副菜をご紹介。ピーマンとササミをどち...続きを読む

50代からの毎日を応援する記事多数!
「これからの暮らし by ESSEonline」はこちら

●教えてくれた人
【ぐっち夫婦】

Tatsuya、SHINOからなる夫婦料理家ユニット。共働き夫婦で料理家、SHINOは栄養士の資格ももつ。インスタグラム(@gucci_fuufu)やホームページ「ぐっち夫婦の今日なにたべよう?」、YouTubeで日々の料理が楽しくおいしくなるアイデアを発信している。著書に『ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん』(扶桑社刊)、『ぐっち夫婦のお弁当大作戦(お悩み解決! 毎日作り続けられる)』(家の光協会)、新刊『お疲れ、乾杯。今夜は家呑み』(KADOKAWA刊)などがある

ぐっち夫婦の下味冷凍で毎日すぐできごはん

人気急上昇の料理家ユニット、ぐっち夫婦も実践する「下味冷凍」。共働きの二人が、忙しい人のために考案したレシピです。

購入
このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア