1. トップ
  2. 料理・レシピ

免疫力アップの発酵つくりおき。キャベツの漬物「ザワークラウト」

2021.07.25

<モデル・AYUMIのあゆんこの巣>こんにちは、モデルのAYUMIです。旦那さんと2人の子どもの4人家族! 日々の食事や健康につながること、大好きなアウトドア、家族や友達と過ごす大切な時間など、暮らしにまつわることを発信していきたいと思います。体によいことが好きなので、みなさんの“暮らしのヒント”につながっていけたらうれしいです♪

さわやかな酸味で免疫力アップ!キャベツの漬物「ザワークラウト」

ビンにキャベツの漬物
キャベツの漬物「ザワークラウト」

さわやかな酸味がおいしいキャベツの漬物「ザワークラウト」は、キャベツを乳酸発酵させたもの。体にもよいことづくめの発酵食品です。今回は、簡単にできるザワークラウトのつくり方をご紹介します。

そのままで食べるほかにも、お肉に添えたり、サラダにプラスしたり、常備菜としてもいろいろ使えます。日持ちもするので、どうせつくるならたっぷりつくってみてください。

●ザワークラウトのレシピ

材料は、キャベツと塩のみ。キャベツを発酵に導くことで、立派な発酵食品になります。

【材料(つくりやすい分量)

・キャベツ 1玉(約1kg)
・塩 20g

【つくり方】

キャベツを切る

(1) キャベツを千切り~細切りにする。

キャベツに塩

(2) 塩を入れて良く混ぜ合わせ、数分置いておく。

ビンにキャベツ

(3) キャベツがしんなりしてきたらしっかりと揉んで、煮沸消毒した瓶に入れる。

キャベツから出た水分もすべて入れ、上からぎゅっと押して水分をしっかり出します。キャベツから出た水分に、キャベツが浸るくらいがベスト。空気に触れていると雑菌が増えやすくなるので、しっかりと浸るようにするのがポイントです。

ビンにキャベツ下から

(4) フタをして、常温で保存する。1~2日ほど置いて、酸味が出てきたら冷蔵庫に入れます。

冷蔵庫で2週間ほど保存可能。発酵が進むほど、酸味が強くなります。

今の時期はキャベツがオススメですが、冬には白菜を使って発酵白菜にしてもおいしいですよ。

おいしくて体にもよいザワークラウト。ぜひつくってみてください♪

【AYUMI】

ティーンのころからファッションモデルとして活躍。結婚・出産を経た現在は、ファッション誌、主婦向け雑誌やカタログ、テレビなどに出演し幅広い層から人気を得ている。ローフードマイスターやスーパーフードマイスター、オーガニックアドバイザーの資格を取得しており、著書に『さいしょは、フルーツ』(主婦と生活社刊)、『おしゃれなのに、簡単! 92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング』(講談社)、『ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん』(主婦と生活社)などがある

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア