1. トップ
  2. 料理・レシピ

いつものおやつを簡単に格上げするコツ。 普通のビスケットが豪華に変身

2021.05.20

まだまだ外出が厳しい今、おうちにいる時間も多いはず。子どもたちも楽しめる、そして喜んでくれる、ワンランクアップのお菓子づくりのコツを、共働きで4人の子育てをしているブロガーのベリーさんに教えてもらいました。

ビスケットをチョコにつける様子
いつものおやつをちょっとの工夫でワンランクアップ! 子どもも大喜び

子どもと一緒につくりたい!簡単にいつものおやつがワンランクアップ

コロナがなかなか収束しない中、家で過ごす時間が長い方も多いかと思います。家にいる時間が長いと大変なこともありますが、メリットもあります。そのメリットのひとつは、「いつものおやつにちょっと手をかけられる」こと。

保育園児から中学生まで4人の子どもがいるわが家。子どもたちと一緒につくって、とっても好評だったものを3つご紹介します。

1.ビスケットのチョコレートディップ

ビスケットのチョコレートディップ
ビスケットのチョコレートディップ

いつも買っているビスケットに、溶かしたチョコレートをつけて乾かす。それだけです! たったこれだけで、いつものビスケットが「特別なおやつ」になります。

ビスケットとチョコ用意するものは、ビスケットと板チョコレート。チョコレートは湯煎で溶かしてもいいのですが、私は電子レンジでチンして柔らかくしています(板チョコ1枚を200W、4分で溶かしています)。あとは、ビスケットの片側に溶けたチョコレートをディップして、乾かせばでき上がりです。これだけで、いつものビスケットがワンランクアップ。

2.ミックス粉を使って、スコーン

スコーン
スコーン

お次はミックス粉を利用してつくるおやつ。わが家がよく使うのは、スコーンミックスです。

ボウルとスコーンミックス小麦粉にあらかじめ砂糖やベーキングパウダーが混ざっているので、家で用意するのは卵と無塩バター、牛乳くらい。

ボウルの生地をヘラで混ぜる様子わが家の場合は、無塩バターを使わず同量の菜種油に置きかえてつくることが多いです(バターを柔らかくする時間を省くため)。ミックス粉の袋に載っているつくり方を参照しながら簡単につくれるので、2~3回一緒につくったら子どももすっかり覚えて、計量さえ私がしておけば小学生の長女がひとりでつくってくれるようになりました。わが家ではよくレーズンを混ぜます。

3.ホットケーキミックスでつくるバナナケーキ

バナナケーキ
バナナケーキ

こちらは余ったバナナを使ってつくります。

ボウルやバナナなど用意するのは、熟れたバナナ1~2本とホットケーキミックス200g、卵2個と菜種油50ccです。バナナって、食べごろを逃すとあっという間に柔らかくなってしまいますよね。バナナが柔らかくなると子どもたちが食べないので(涙)、バナナケーキに変身させます! ホットケーキミックスを使えば、つくるのも簡単です。

焼型に生地を入れる様子ボウルにバナナを入れてマッシャーなどでつぶし、菜種油、卵を加えてよく混ぜたらクッキングシートを敷いた焼型に流し込みます。お好みでトッピングを乗せても。チョコチップとスライスアーモンドもよく合います(もちろん、トッピングなしでもOK!)。180度に予熱したオーブンで30分焼いたら、でき上がりです。あら熱が取れたら切り分けていただきまーす。

いつものおやつが、ちょっとの手間でワンランクアップ。ぜひ試してみてくださいね^^。

●教えてくれた人
【ベリーさん】

都内の60平米の賃貸マンションで6人暮らしをするワーキングマザー。夫婦双方の実家が遠方のため、ラク家事・ラクごはんのシンプルな暮らしを追求。ブログ『ベリーの暮らし』を運営。4月に『子供4人共働き・賃貸60㎡でシンプル丁寧に暮らす』(すばる舎刊)が発売中

このライターの記事一覧
  • この記事を
    シェア