まるでお店の味!ホテルオークラのシェフが教える究極のフレンチトーストレシピ!
2016.03.30
  • この記事を
    シェア

 朝食にもおやつにもぴったりのフレンチトースト。とろけるような味わいが絶品と評判の「ホテルオークラ東京」のシェフに、家庭でつくるコツを聞きました。

ホテルの絶品フレンチトーストをおうちでつくろう

フレンチトースト「ポイントはキメの細かいパンを選ぶこと、たっぷりの卵液に食パンを丸一日かけてじっくり漬け込むこと。無理に手で押さず、自然に卵液がしみ込むのを待ちましょう。パンの厚さはふんわりした食感を出せる3㎝以上がおすすめですが、手軽に楽しみたい場合は6枚切りでも十分。その場合は漬け込む時間はひと晩でかまいません」

焼くときのコツはありますか?

「フライパンにフタをし、強い焼き色をつけないように弱火で時間をかけて中身をふくらませるように火をとおしましょう。メープルシロップのほか、ジャムやイチゴ、バナナ、マンゴーなどの果物を添えてもおいしいです」
いつものレシピより少し時間はかかりますが、余裕のある朝につくって、ぜいたくな気分を味わいたいですね。

[材料](4人分)

・卵…6個
・A[牛乳370cc 砂糖62g バニラエッセンス2、3滴]
・食パン(厚さを4等分して耳を取り、それぞれを半分に切る)1斤
・B[バター10g サラダ油少し]
・メープルシロップ(好みで)適量

[つくり方]

(1)バットに卵を溶き、Aを合わせてよく混ぜる。パンを入れてラップをし、冷蔵庫で片面約12時間ずつ浸す。

(2)2回に分けて焼く。フライパンにBの半量を入れて熱し、バターが溶けたら(1)を4枚ずつ入れ、フタをして弱火でじっくり焼く。焼き色がついたら返し、フタを取ってもう片面も同様に焼く。残り4枚も同じように焼く。

(3)器に盛り、好みでメープルシロップをかける

【ホテルオークラ東京】
http://www.hotelokura.co.jp/tokyo/restaurant/recipe/french_toast/
<撮影/砂原 文>