1. トップ
  2. 料理・レシピ

春キャベツの絶品グラタン。焦げたチーズがたまらなくおいしい

ESSE編集部
2021.04.28

春野菜がおいしい季節がやってきました。今回は、みずみずしい春キャベツを主役にしたとってきおきのグラタンレシピを、テレビでも人気のフレンチ料理店オーナーシェフ・秋元さくらさんに教えてもらいました。

春キャベツとエビのグラタンドゥフィノワ
春キャベツとエビのグラタンドゥフィノワ

春キャベツとエビのグラタン

「生の春キャベツと、さっと炒めた春キャベツを入れるので、2種類の食感を楽しめます。グラタン皿の縁ギリギリまで具材やソースをトッピングしてオーブンへ。吹きこぼれたソース、焦げたチーズでテンションもアップします」

●春キャベツとエビのグラタンドゥフィノワ

【材料(4人分)

・春キャベツ 1/2個
・ジャガイモ(メークイン) 1個
・エビ(ブラックタイガー) 16尾
・塩、コショウ 各適量
・牛乳 1と1/2カップ
・生クリーム(乳脂肪分35%)3/4カップ
・ニンニク(すりおろす) 1かけ
・A[塩ひとつまみ エルブドプロバンス※(あれば)少し]
・B[コーンスターチ20~25g 水小さじ2]
・バター 10g
・ピザ用チーズ 適量
※エルブドプロバンスとは、フランスのプロバンス地方で使われるミックスハーブのこと

【つくり方】

(1) キャベツは4cmのざく切りにし、ジャガイモは2mm厚さの半月切りにする。エビは殻をむいて背ワタを除き、塩、コショウ各少しをふる。グラタン皿にはバター適量(分量外)を塗っておく。

(2) 小鍋に牛乳、生クリーム、ニンニクを入れて中火にかけ、A、混ぜ合わせたBを加えてよく混ぜる。とろみがついて、もったりとしてきたら火を止める。

(3) フライパンにバターを入れて中火にかけ、バターが溶けたら(1)のキャベツの2/3量とエビ、ジャガイモを加えて軽く塩、コショウをふり、キャベツの甘味を引き出しながら、ほどよく食感を残して炒める。

(4) グラタン皿に(3)を等分に盛り、さらに残りのキャベツも等分してのせる。上から(2)を流し入れ、チーズをたっぷりのせる。220℃のオーブンで6~8分、チーズが溶けてこんがりと焼き色がつくまで焼く(トースターの場合は同様にチーズが溶けて焼き色がつけばOK)。

[1人分447kcal]

【ポイント】

ホワイトソースかけるソースはコーンスターチでとろみづけすることで、ダマになりにくく、なめらかで軽い口当たりに。

●教えてくれた人
【秋元さくらさん】

日比谷のフレンチレストラン『モルソー(morceau)』オーナーシェフ。航空会社のCAとして活躍中に、世界各地の食文化を体験。料理への興味が高じて調理師学校へ。現在は、店で腕をふるいながら、TVや雑誌等でレシピを紹介している。

  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】