1. トップ
  2. 料理・レシピ

サーモンのポン酢しょうゆ漬け。漬けておくだけで便利でおいしい

ESSEonline編集部
2021.03.27

家での食事やお酒を飲む回数が増え、食費や献立に頭を悩ます今日このごろ。
そこで、手ごろなサーモンを使い、保存ができて、献立をアレンジできる「つくりおきのレシピ」をご紹介。さらに低糖質なのでダイエットにもうれしいですよ。

サーモンのポン酢しょうゆ漬け
サーモンのポン酢しょうゆ漬け。冷蔵で3~4日保存可能。こちらをつくればいろんなレシピで使い回せますよ

筋肉や血液をつくるタンパク質を含むサーモン。つくりおきしておけば献立が助かる

刺し身用のサーモンもポン酢じょうゆに漬け込めば、日持ちもよくなり、便利に使い回せます。保存期間は冷蔵で3~4日。薄くスライスしてカイワレなどと盛り合わせてカルパッチョ風に。コロコロに切ってスクランブルエッグに混ぜてもOKですよ。

●サーモンのポン酢しょうゆ漬け【糖質/3.8g】

【材料(つくりやすい分量)

・サーモン(刺身用) 2サク
・塩、コショウ 各少し
・ゴマ油 
・A[ポン酢しょうゆ1/2カップ 練りワサビ小さじ1]

【つくり方】

(1) サーモンは塩、コショウをする。

フライパンにサーモン
両面をさっと焼いて

(2) フライパンにゴマ油を強火で熱し、(1)を並べ入れ、表裏を30秒ずつ焼く。

(3) 保存容器に(2)を入れて合わせたAをかけ、冷めたら冷蔵庫で保存する。

[全量1316kcal]

●サーモンと豆モヤシのレンジ蒸し【糖質/2.1g】

サーモンと豆モヤシのレンジ蒸し

レンジでチンするだけの簡単おかず。サーモンは時間差加熱でレアに仕上げると、しっとりとした口当たりで、モヤシとの食感の違いも引き立ちます。

【材料(4人分)

・サーモンのポン酢しょうゆ漬け(薄切り) 1サク分(250g)
・サーモンのポン酢しょうゆ漬けの漬け汁 大さじ4
・豆モヤシ 2袋(400g)
・塩、コショウ 各少し
・万能ネギ(小口切り) 適量

【つくり方】

(1) 耐熱皿に豆モヤシを入れて塩、コショウをし、ふんわりとラップをして電子レンジ(600W)で6分ほど加熱する。

(2) (1)のラップを外し、サーモンをのせて漬け汁をかける。

再びラップをしてさらに3分ほど加熱する。器に盛り、万能ネギをのせる。

[1人分212kcal]

●サーモンとブロッコリーのサラダ【糖質/1.5g】

サーモンとブロッコリーのサラダ

サーモンはコロコロに切ると、サラダの具材にもぴったり。ブロッコリーとの組み合わせなら彩りもきれいです。

【材料(4人分)

・サーモンのポン酢しょうゆ漬け(1cm角に切る) 1/2サク分
・サーモンのポン酢しょうゆ漬けの漬け汁 大さじ1
・ブロッコリー(小房に分ける) 1個
・マヨネーズ 大さじ4

【つくり方】

(1) ブロッコリーは塩適量(分量外)を加えた熱湯でやわらかめにゆで、水気をきる。

(2) ボウルにマヨネーズと漬け汁を入れて混ぜ合わせ、(1)とサーモンを加えてあえる。

[1人分182kcal]

おかずにもなる 糖質オフのやせるおつまみ』(扶桑社刊)では、つくりおきでアレンジできるつまみおかずをはじめ、おうちで居酒屋気分を味わえたり、おかずとして家族で楽しめるレシピが満載。余った野菜でパパッとつくれる小つまみや、バランスのとれた献立なども掲載しているので、ダイエットや栄養を考える時間も短縮! 価格は500円(税抜き)です。

<料理/藤井恵 取材・文/ESSEonline編集部>

おかずにもなる 糖質オフのやせるおつまみ

家族みんなで楽しめるおかずにもなる糖質オフのレシピ集めました!

購入
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】