1. トップ
  2. 料理・レシピ

ゆで卵のゆで時間8分なら、やわらかすぎない絶妙な半熟卵に

2021.02.21
  • この記事を
    シェア

<モデル・AYUMIのあゆんこの巣>こんにちは、モデルのAYUMIです。旦那さんと2人の子どもの4人家族! 日々の食事や健康につながること、大好きなアウトドア、家族や友達と過ごす大切な時間など、暮らしにまつわることを発信していきたいと思います。体によいことが好きなので、みなさんの“暮らしのヒント”につながっていけたらうれしいです♪

理想のゆで加減は半熟♪ ゆで卵のつくり方

ゆで卵のゆで加減は、どんな感じが好きですか?
半熟だったり、固ゆでだったり…いろいろな好みがあると思います。私は少し半熟気味にするのが好きです。

そして、ゆで卵をつくるときには多めにつくって、しょうゆ麹に漬けておきます。
今回は、私のいつものゆで卵のつくり方をご紹介しますね。

●多めにつくれば常備菜にも!味つき卵をつくろう

さっそくつくり方です♪

【材料】

・卵 6個
・しょうゆ麹 大さじ2

【つくり方】

卵はゆでる直前まで冷蔵庫に入れておきます。

お鍋に卵

鍋にたっぷりのお湯を沸騰させて、卵を入れるときはお玉などを使ってそっと入れます。

白身がでた卵

このとき、ポトンと卵を入れると鍋にぶつかって殻が割れ、白身が出てきてしまうことがあるので、そっと入れてください。
卵を入れたら8分!

殻をむいた卵

8分たったら、冷水にとって冷まし、殻をむきます。

保存袋にしょうゆ麹を入れる様子

殻をむいたら、ジッパーつき保存袋にしょうゆ麹と一緒に入れて冷蔵庫へ。

保存袋にゆで卵

数時間後から食べられ、3~4日は日もちします。

お皿に半分に切ったゆで卵やわらかすぎない半熟なので、サラダに添えるのも、そのまま食べるにも、これくらいの感じが私は好きです♪
これを目安にゆで時間を試してみてください。

【AYUMI】

ティーンのころからファッションモデルとして活躍。結婚・出産を経た現在は、ファッション誌、主婦向け雑誌やカタログ、テレビなどに出演し幅広い層から人気を得ている。ローフードマイスターやスーパーフードマイスター、オーガニックアドバイザーの資格を取得しており、著書に『さいしょは、フルーツ』(主婦と生活社刊)、『おしゃれなのに、簡単! 92レシピ AYUMIのアウトドアクッキング』(講談社)、『ローフード・発酵・雑穀でつくるAYUMIごはん』(主婦と生活社)などがある

このライターの記事一覧

【この記事も読まれています】