1. トップ
  2. 料理・レシピ

焼き鳥缶でつくる親子丼。レンチンだから火も包丁も不要、約3分で完成

ESSE編集部
2021.02.07

自宅で食事をすることが増えたこの1年。手抜きじゃなくて、手間を省く“てま抜き”でラクしませんか?
“家に着いたら5分でいただきます”が叶うレンチンご飯が話題の犬飼つなさんに、火も、包丁も使わずできる親子丼を教えてもらいました。

焼き鳥缶でつくる親子丼
ヘトヘトな人たちから反響があった焼き鳥缶でつくる親子丼

本当にヘトヘトな人たちから反響があった時短レシピ!

「超簡単でおいしい」、「本当にすぐできる!」とSNSで話題になったレシピのなかから、今回は親子丼を紹介。
電子レンジと焼き鳥缶を活用すれば、てま抜き&失敗知らずです!

しっかり味のついたお肉とふんわり卵が絶品!焼き鳥缶で親子丼

【材料(1人分)

・温かいご飯 茶碗1杯分(150g)
・焼き鳥缶(タレ味) 1缶(85g)
・卵 2個(100g)
・めんつゆ(2倍濃縮) 大さじ1

【つくり方】

ボウルに卵

(1) 耐熱ボウルに写真のように材料を入れ、ふんわりラップをして電子レンジ(600W)で2分加熱する。

(2) 取り出して箸で卵を崩す。卵が生っぽかったり、かためが好みの場合は30秒ずつ追加加熱する。器にご飯を盛り、具材をのせる。

[1人分573kcal]

ESSE3月号「“てま抜き”おかずのベストレシピ」では、手間を省いたアイデアが満載。15分で2品、フライパンだけ、ゆでおき・切りおき、レンチンなどなど、ラクできるレシピを多数ご紹介しています! ぜひご一読ください。

<撮影/山田耕司 取材・文/ESSE編集部>

●教えてくれた人
【犬飼つなさん】

月間300万PVのサイト「サルワカ」の「力尽きレシピ」を制作。そのときの体力別にレシピが選べて、疲れた日でもつくれると大人気。書籍版も発売中

ESSE3月号

ESSE3月号

今月の表紙&ESSE's INTERVIEW/山本美月さん 全国書店・コンビニ・オンライン書店等で発売中! 詳細・購入はこちらから

購入
  • この記事を
    シェア

【この記事も読まれています】