「焼き枝豆」はやみつきになるおつまみ!冷凍ものはゆでるよりもずっとおいしくなる!
  • この記事を
    シェア

2016.11.01

 おうちおつまみの定番といえば、ゆで枝豆。冷凍のものを使えば流水解凍するだけでよく、簡単に一品が増えるので季節を問わず楽しめますよね。でもちょっとマンネリ感もあるな…と飽き始めたときにおすすめなのが「焼き枝豆」!

「焼き枝豆」!

冷凍ものがぐっとおいしくなる「焼き枝豆」!

 枝豆は焼くことで「酵素」が働いて、甘さと味の濃さが増すそうです。しかも、ちょっと水っぽさが気になる冷凍枝豆も、焼くと豆がホクホク&香ばしくなり、ランクアップします!もちろん、生の枝豆も「焼き」がおすすめ!ゆでるよりもラクだし、立派な1品になるのでお弁当にもぴったりですよ。

冷凍ものがぐっとおいしくなる「焼き枝豆」!

風味とうま味がアップするポイントは「蒸し焼き」!

 野菜も肉も蒸し焼きにするふっくらとした食感になりますよね。私が感じた、蒸し焼きにしたときのメリットがこちら♪

●豆の粒感がしっかり立ってホクホクになる
●流水解凍やゆで枝豆より香ばしく、風味がよくなる
●粒までしっかり塩味が効いている

 流水で解凍した枝豆に比べると、味がしまって、食べごたえも増します。ビール党のわが家では、ビールも枝豆もどんどん進み、あっという間になくなってしまいました(笑)。

「焼き枝豆」の材料とつくり方

[材料](2人分

・冷凍枝豆(枝つきの生の枝豆でも) 200g
・オリーブオイル(なければサラダ油) 大さじ1
・塩 少し
・塩水 水1/3カップに塩小さじ1/3を混ぜる

[つくり方]

(1) 冷凍枝豆は流水解凍し、枝豆のつけ根を少しキッチンバサミでカットする。こうすることで塩水が入りやすくなり、味がしっかりとつく。

(2) 枝豆に塩をふってもむ。

(3) フライパンにオリーブオイルを入れ中火で熱し、(2)を入れてさっと混ぜ、全体を炒めるようにして1~2分焼く。

(4) 塩水をフライパンに回し入れ、フタをする。揺すりながら2分ほど蒸し焼きにしたら、フタを外して水気がなくなるまで炒め合わせる。

フライパンにオリーブオイルを入れ中火で熱し焼いていく 油をゴマ油にしたり、お好みでニンニクをたすなどしてアレンジしてもおいしいですよ!

<写真・文/松野久美>