1. トップ
  2. 料理・レシピ

鶏胸肉がやわらかくジューシーに。レタスにのせてサラダにも

ESSEonline編集部
2021.01.10
  • この記事を
    シェア

鶏胸肉は、お財布に優しくて、高タンパク、低カロリーの優秀食材。
でも、味が淡泊でパサつきが気になるという人も多いのでは?
そこで、人気料理ブロガーのMizukiさんに、やわらかくてジューシーに仕上がる鶏胸肉のレシピを教えてもらいました。

鶏胸肉のみそマヨ焼き
鶏胸肉のみそマヨ焼き

穴あけ&片栗粉のひと手間で鶏胸肉がふっくら!

鶏胸肉は全体をフォークで刺して穴をあけます。それにより、焼き縮みが穏やかになり、固い食感になるのを防ぎます。さらに片栗粉を全体にまぶすことで、ジューシーさを保ちつつ、うま味をとじ込め、タレのからみもアップ!

●10分で完成!鶏胸肉のみそマヨ焼き

淡泊な鶏胸肉にみそマヨダレをからめれば、ご飯がすすむやみつきメニューに変身!

【材料(2人分)

・鶏胸肉 1枚(250g)
・A[酒小さじ1 塩、コショウ各少し]
・片栗粉 適量
・ゴマ油 大さじ1
・B[みそ、マヨネーズ各大さじ1と1/2 砂糖、酒各大さじ1 しょうゆ小さじ1]
・レタス(太めの千切り)適量
・いりゴマ(白・あれば)少し

【つくり方】

片栗粉をまぶしたお肉

(1) 鶏肉は全体をフォークで刺し、1cm厚さのそぎ切りにする。Aをもみ込み、片栗粉をまぶす。Bは合わせておく。

(2) フライパンにゴマ油を中火で熱し、鶏肉を焼く。焼き色がついたら裏返してフタをし、弱めの中火で2分30秒蒸し焼きにする。

調味料でからめたお肉

(3) Bを加えて煮からめ、レタスを敷いた器に盛り、あればゴマをふる。

鶏胸肉が驚くほどおいしくなる絶品レシピ。レタスの上にのせれば、サラダ代わりになり、一品でボリューム満点です。ご飯にのせてどんぶりにしてもおいしいですよ。

そのほかにも、簡単につくれて一品で大満足のボリュームおかずが紹介されているMizukiさんの新刊『ラクしておいしい! Mizukiの1品晩ごはん』(扶桑社刊)が発売中。毎日の食事づくりに悩まない、疲れない、お助けレシピが満載です。

<撮影/林紘輝 取材・文/ESSEonline編集部>

●教えてくれた人
【Mizukiさん】

料理研究家・スイーツコンシェルジュ。和歌山県在住。『簡単・時短・節約』をコンセプトに、ブログ「Mizukiオフィシャルブログ~奇跡のキッチン」で毎日レシピを紹介し、月間300万PVを誇る。3年連続レシピブログアワードグランプリを受賞。企業のレシピ開発や雑誌、テレビ、Webメディアなどで活躍中。

ラクしておいしい! Mizukiの1品晩ごはん

副菜いらずの「1品晩ごはん」で、毎日のごはんをもっとラクに! おいしく!

購入

【この記事も読まれています】