1. トップ
  2. 料理・レシピ

生の焼きそばがくっつく…。麺がからまず、おいしく炒める方法とは?

2016.10.24
  • この記事を
    シェア

 生麺タイプの焼きそばにありがちなイライラ。袋から出してすぐ炒めると、麺がくっつくせいで味が均一にからまらないことがありますよね。そこで、くっつかずにおいしく炒めるための2つの方法をご紹介。仕上がりがちょっと異なるので、好みでチョイスしてみましょう。

方法1:麺を袋の中でもんでから炒める

 麺を袋ごともむと、焼きそばらしい歯ごたえを残しながら、ムラなくパラッと炒められておいしい焼きそばに仕上がります。

(1)麺を袋から出す前に、袋の上から手で全体をもみほぐします。強くもみすぎて麺をつぶさないよう注意しましょう。

麺を袋の中でもんでから炒める(2)炒めた豚肉と野菜の上にのせるだけで麺が広がり、炒めやすい!最後に調味し、全体になじませます

麺を袋の中でもんでから炒める麺に歯ごたえあり。野菜もシャキッ!できあがりはバッチリです。

麺を袋の中でもんでから炒める
◎ 麺に歯ごたえあり 野菜もシャキッ!

方法2:麺を電子レンジにかけてから炒める

 電子レンジにかけると、方法1よりも麺がやわらかめになります。ただし、味はよくしみ込みます。
(1)麺1袋につき電子レンジ(600W)で約30秒加熱。軽く蒸した状態になり、ふっくらほぐれやすくなります

麺を電子レンジにかけてから炒める(2)炒めた豚肉と野菜の上にのせると、ふっくらと麺が広がり、自然にほぐれます。味のなじみもいい感じ!

麺を電子レンジにかけてから炒める味がしみたふっくら麺に仕上がります。麺はやわらかめなので好みの分かれるところでしょうか。

麺を電子レンジにかけてから炒める
○ 味がしみたふっくら麺
 いかがでしたか?炒める前のひと手間が肝心!といったところでしょうか。ぜひ、ご家庭でお試しを!

<撮影/山田耕司 監修/小田真規子(料理研究家)>

つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版

時間があるときにつくっておけば、毎朝のおべんとうはつめるだけ!そんな、1週間冷蔵保存OKの便利なレシピを全215品掲載しています。


つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 ラク手間!簡単おかず編

シリーズ累計65万部突破のベストセラー。究極のラク手間&簡単つくりおきおかず買い方や下ごしらえ、調味の手間、後片づけまでを含め、「手間は省いてもおいしさは妥協しない」をモットーに開発した、1週間保存できるおかずを紹介。


「切り方」ひとつでいつもの料理がもっとおいしくなるレシピ

レシピを新しく考えるときは、素材の切り方からスタートするという料理研究家・小田真規子さんが提案する、切り方ひとつで味が決まる74レシピを掲載。