「ご飯のコーティングはマヨor卵?」を検証!確実にパラパラするチャーハンのつくり方
2016.10.06

 ご飯をコーティングするのはマヨネーズであるべきか?それとも、卵であるべきか?ベタベタになりがちな家庭でつくるチャーハンを、パラパラに仕上げる秘訣として、これまでマニアの間で長年に渡り語られてきた2つの手法。一体、とっちが本当においしくできるの!?この「パラパラチャーハン論争」に終止符を打つべく、実験をしてみました!

【マヨネーズ】でご飯をコーティングして炒める場合

ご飯をマヨネーズでコーティングして炒めるほんのり温かいご飯茶碗2杯分に、マヨネーズ大さじ2を加えてよく混ぜ、全体になじませてから炒め始めます

火のとおりにムラが
ボトッ
フライパンにご飯を広げ、焼きつけるようにして炒めていきます。すると…マヨネーズの油分で温度が急に上がり、火のとおりにムラが!!ご飯にダマができてしまいました!

【卵】でご飯をコーティングして炒める場合

ご飯を卵でコーティングして炒める気を取り直して、卵での検証を開始!ほんのり温かいご飯茶碗2杯分に、溶き卵2個分と塩少しを加えてよく混ぜ、全体になじませてから炒め始めます

熱がまんべんなく行き渡り、パラパラに!
パラパラ~ッ
フライパンにご飯を広げ、焼きつけるようにして炒めると熱がまんべんなく行き渡り、パラパラに!米粒をよく見ると、粒が立っているのが確認できました!!

結果:ご飯を卵でコーティングするとチャーハンがワンランクアップ!
 卵でご飯をコーティングして炒めると、家庭のコンロの火力でもすぐにご飯の表面の卵が固まり、水分が出てベチャッとなるのを防げ、ダマになりません。また、野菜を細かく切るのも炒めムラ防止のコツとして覚えておきましょう!

 なお、実験のためにできあがったチャーハンは、スタッフですべておいしくいただきました!

パラパラチャーハンの材料とつくり方(2人分)

 今回つくったチャーハンのレシピをご紹介しておきましょう!チリメンジャコが入っているのが特徴。いつもと違った風味と食感が楽しめますよ。

(1)ご飯400~450gに卵2個、塩少しを加えてよく混ぜる。

(2)フライパンにゴマ油大さじ1を熱し、ピーマン1個、長ネギ1/4本、ニンジン15g(各5㎜角の粗みじん切り)を加えて1分焼きつけ、チリメンジャコ大さじ2を加えて2分炒め取り出す。

(3)ゴマ油大さじ1をたし、(1)を加えて広げて約2分焼き、返して約2分焼くを繰り返してパラパラになるまで炒める。(2)を戻して合わせ、塩小さじ1/2、しょうゆ小さじ2で調味する。

<撮影/山田耕司 監修/小田真規子(料理研究家)>

つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 決定版

時間があるときにつくっておけば、毎朝のおべんとうはつめるだけ!そんな、1週間冷蔵保存OKの便利なレシピを全215品掲載しています。


つくりおきおかずで朝つめるだけ!弁当 ラク手間!簡単おかず編

シリーズ累計65万部突破のベストセラー。究極のラク手間&簡単つくりおきおかず買い方や下ごしらえ、調味の手間、後片づけまでを含め、「手間は省いてもおいしさは妥協しない」をモットーに開発した、1週間保存できるおかずを紹介。


「切り方」ひとつでいつもの料理がもっとおいしくなるレシピ

レシピを新しく考えるときは、素材の切り方からスタートするという料理研究家・小田真規子さんが提案する、切り方ひとつで味が決まる74レシピを掲載。