1. トップ
  2. 料理・レシピ

免疫力アップの「ワカメキムチ」を常備菜に。豆腐やご飯と食べると美味

ESSE編集部
2021.01.21
  • この記事を
    シェア

体調を崩したり、風邪を引きやすい季節には、体の内側から免疫力を上げましょう。
そこで注目したい食材が“海藻”です。つくりおきもできる腸活におすすめのレシピを、料理研究家&管理栄養士の金丸絵里加さんに教えてもらいました。

海藻×発酵食品は腸活のベストマッチ

大腸の善玉菌の働きを助けて腸内環境を整え、腸のぜん動(収縮)運動を促して免疫力を高めてくれるのが、食物繊維たっぷりの海藻。そこに、発酵食品のキムチをプラス。そのまま食べても、アレンジしてもOK。積極的に食べて、腸内環境を整えましょう!

●ワカメキムチ

ワカメキムチ
ワカメキムチで免疫力アップ!

海藻は水溶性食物繊維たっぷり。さらに、ネバネバ成分「フコイダン」には、免疫力アップの効果があります。

【材料(つくりやすい分量)

・ワカメ(乾燥) 15g
・白菜キムチ 200g
・A[しょうゆ、みりん各小さじ4]
・ゴマ油 小さじ4

【つくり方】

(1) ワカメはたっぷりの水につけて戻し、水気をしっかりと絞る。キムチは大きければ粗く刻む。

(2) 大きめの耐熱保存容器にAを入れ、ラップをかけずに電子レンジ(600W)で20秒ほど加熱する。ゴマ油を加えて混ぜ、(1)を加えて混ぜる。

※フタをして冷蔵庫で1週間ほど保存可能。

[全量335kcal]

●<食べ方アイデア>冷ややっこに

冷ややっこにワカメキムチ冷ややっこにワカメキムチ適量をのせ、好みでポン酢しょうゆをかける。

ほかにも
・みそ汁の具に
・麺類にトッピング
・ご飯と一緒に…など

レンジで簡単にできて、つくりおきしておけば冷蔵庫で1週間保存も。いろんな食べ方を楽しみながら、腸活に励みましょう。

●教えてくれた人
【金丸絵里加さん】

料理研究家、管理栄養士。日々の暮らしに役立つ、手軽で健康的なレシピが好評。著書に『夫婦ふたりの健康を守る! シニアごはん』(エイ出版社刊)など

<撮影/山川修一 取材・文/ESSE編集部>

【この記事も読まれています】